ホメオパシーの立場からのケア 続報

[anthro-chat]グループ(英エマソンカレッジの同窓生中心)の掲示板より ― 先日載せたものに続いて

皆様

水道水からヨウ素が検出され、いろいろ不安だと思いますが過剰なヨウ素を体内から排出する生命組織塩(ホメオパシーのレメディーのポーテンシー12Xというもの)があるので、お知らせします。


『バイタル・エレメント』という本からの抜粋です。

「ヨウ素は人体にもともと10-20mg含まれているが、不足しすぎても、過剰になっても甲状腺腫となる。

生命組織塩の Ars-iod, Kali-iod, Iodum 12X は、ヨウ素が、不足しているときは、ヨウ素の吸収を高め、過剰に接取している時は、排出を促し、ヨウ素のバランスを保つ働きをする。これらをとることによる過剰接取はあり得ない。

ヨウ素は、昆布、わかめなどの海藻類に圧倒的に含まれている。次に、海産の魚介類に含まれている。」 


だそうです。
心配な方は、これをとってみるといいかもしれません。

興味のある方は、ホメオパシージャパンの相談窓口に電話して聞いてみてください。

03-5779-8351

(私は、この会社の回し者でも、宣伝要員でもありませんが~笑)



ご存じのように、災害対策に詳しいお料理研究家の方も、海草類を食べておいて体内にヨウ素を入れておけば、あとから入るヨウ素をシャットアウトできる、とのことです。


それでは、皆様とご家族が安心&安全に暮らせることをお祈りしてます。

○○xxより


PS:
これを機会にもっと風力発電とか見直してもいいと思ったけど、ニュースを見る限り、全然、そんな流れになっていませんね。 新しく火力発電所を作ったりするより費用がかからないような気がするのですが??? どうでしょうか?某省庁のお役人がテレビでソーラーパネルには補助金だすけど、風力は出さない、といっていましたが、これから、もっと、いろいろな自然エネルギーが増えていけばいいですね。

以前、ソーラー充電携帯電話がありましたが、まだ売っているのでしょうか?
[PR]
by silverfountain | 2011-03-25 14:12 | 放射能被ばく予防&ケア
<< 西から、海外から 古山明男さんの原発の行方 予測 >>