TEMPOLOGY FORUM 2011   (「オルタナ」メルマガより)

特別企画 第1回 テンポロジー フォーラム 2011

サステイナブルな社会とテンポロジー(店舗学)
“きづくり文化のある暮らし”-その再生・再創造



テンポロジー未来機構はこれまで11年にわたり、有志の任意団体として活動して参りましたが、本年1月に一般社団法人テンポロジー未来機構として新たなスタートを切りました。当法人は「都市文化」と「店舗」の関係を明らかにし、これを「店舗学(Tempology)」として研究・発信し、「まちづくり・みせづくり・人づくり」を通じて、商環境と企業や地域社会の繁栄並びに都市文化の振興・普及をめざすものです。

今回、新しいテンポロジーのお披露目を兼ねた第1回フォーラム2011を開催いたします。皆さまには、テンポロジーの新たな活動に対し更なるご協力、ご支援をお願い申し上げます。第1回テンポロジーフォーラム2011のテーマは、基調講演は「テンポロジー(店舗学)=新しい都市文化」に沿ってお話しをいただきます。第2部は「“きづくり文化”のある暮らし━その再生・再創造」です。基調講演は、歴史・文化と地域の振興・持続に長年取り組まれて来られた福井昌平様から「愛・地球博」で提唱された「木づかい運動」など、氏のご経験に基づいた貴重なお話しを頂戴いたします。また第2部は、昨年5月に開催した「都市木造のフロンティア」を継承するフォーラムです。

近年、住宅は勿論、駅舎、学校などにおいて木の建築が見直されており、店舗や什器にも古材を使う事例も多く見られるようになりました。「木造り」の、人を癒し「原点回帰」させ、「再生」させる力に注目が集まっており、改めて「きづくりの文化」に関心が寄せられています。本日は、「きづくり文化」の体現者として現在ご活躍中の杉本洋文氏、南雲勝志氏をお招きし、当法人の渡部隆と当会員の木下勝茂氏のコーディネートにより、「きづくりの文化」と私たちの暮らす街や社会との関わりについて論じたく存じます。



 プログラム

 16:00  開会あいさつ 百瀬伸夫 (一般社団法人テンポロジー未来機構 代表理事)
 16:05  基調講演 福井昌平 (コミュニケーション・デザイニング研究所 代表取締役)
 16:45  休憩
 16:50  第2部 パネルディスカッション
       杉本洋文(東海大学教授/計画・環境建築 代表取締役)
       南雲勝志 (ナグモデザイン事務所 代表取締役)
       渡部 隆 (一般社団法人テンポロジー未来機構 専務理事)
       コーディネータ:木下勝茂 (木下・萩生田建築設計事務所 代表取締役)
 18:00〜 懇親会



 日時 = 2011年4月19日[火] 16:00〜
 場所 = コイズミ照明東京ショールームB1F千代田区神田佐久間町3-12 Tel:03-5687-0081
 定員 = 100名 (参加費無料)
 主催 = 一般社団法人テンポロジー未来機構
 協賛 = コイズミ照明株式会社 / テンポロジー未来コンソーシアム株式会社



 申し込み方法

 テンポロジー事務局宛に、4月17日までに、
 Mail、Fax、電話にて、お名前・会社名・連絡先等をお知らせください。
 メールでのお申し込み



 問合せ先

 一般社団法人テンポロジー未来機構 事務局 柳原・清野 info@tempology.jp
 東京都港区芝3-42-1 柴村ビル301 Tel 03-5765-8366 / Fax 03-3455-5578






●もとの情報はこちら ↓
http://www.tempology.jp/forum2011.html
[PR]
by silverfountain | 2011-04-16 07:07 | 再生・サステイナビリティ
<< 武田邦彦氏(中部大学)のブログより イギリスからのメール通信 >>