小出裕章氏『原子力の専門家が原子力に反対するわけ』

           
                
海水からプルトニウムが検出されました。
東京電力はこの期に及んでも「人体に影響はない」と言ってはばかりません。


今朝6時のNHKBS1のワールド・ニュース枠のフランス2で
現在のチェルノブイリの現場からのレポートをやっていました。

原子炉付近の放射線量は、停めてある戦車の周りを量ると、依然通常の500倍以上。
6キロ離れた森は放射線量100倍。木々は赤褐色に枯れたままで、永久に再生の見込みはない。

との報告だった。。。


事故は25年前の出来事だ。



2011年4月19日







[PR]
by silverfountain | 2011-04-19 05:58 | <原子力発電>を問う
<< 2050年までに「再生可能エネ... 生きなおしを問われている今こそ... >>