15年前から地域の信用金庫に預金しています

以前、OL をしていた時などは何の疑問もなく、大手の都市銀行を利用していましたが、
15年くらい前に、メインバンクだったM 銀行(財閥系)への預金を止めました。私たちの預けているお金が、武器製造や輸出、原発に関与する資金に運用されているらしい、と知ったからです。

その上に、バブルが崩壊して、銀行同士の吸収合併が繰り返され、どこに預けても手数料で目減りさえこそすれ、金利もすずめの涙よりも微々たるものになり、どんなに大手でも破綻が明日をも知れぬ不安定な経済界だったからです。

もとより、過度の機械化や、自分の身体感覚を越えたものと対峙するのが苦手な私は、バブル期から、居心地の悪さ、先進的と言われる都市部での住み心地の悪さを感じていました。

地産地消。

何事も、半径10キロくらい(自転車で動ける距離)が理想的と思っています。


昨日、園の保護者の方が送ってくれた情報 ↓ 

http://www.youtube.com/watch?v=CeUoVA1Cn-A


地に足のついた理念、哲学に基づいた真の CSR(Corporate Social Responsibility=企業の社会的責任) が、目に見えるものになったとき、その組織の真価が現れ、消費者も賛同して広告以上の広報成果と、業績に結びつくのだと思います。


そして、地球全土にまでこの危機が波及せんとしている今こそ、日本は
Nation Social Responsibilityこういう言葉があるかどうか知りませんが、今 作りました!) を世界に示すべきです。


私は、<自分と、政府と、国民一人ひとり> に叫んでいます。




2011年5月3日(憲法記念日)
ひさの
[PR]
by silverfountain | 2011-05-03 13:11 | <原子力発電>を問う
<< <NHK News Watch... 別のイギリスの友人 K さんより >>