宮沢賢治は予言者だったのだらふか ?

『春と修羅』   宮沢賢治
 



わたくしといふ現象は
仮定された有機交流電燈の
ひとつの青い照明です

(あらゆる透明な幽霊の複合体)

風景やみんなといつしよに
せはしくせはしく明滅しながら
いかにもたしかにともりつづける
因果交流電燈の
ひとつの青い照明です

(ひかりはたもち その電燈は失はれ)

これらは二十二箇月の
過去とかんずる方角から
紙と鉱質インクをつらね

(すべてわたくしと明滅し
 みんなが同時に感ずるもの)

ここまでたもちつゞけられた
かげとひかりのひとくさりづつ
そのとほりの心象スケツチです

これらについて人や銀河や修羅や海胆は
宇宙塵をたべ または空気や塩水を呼吸しながら
それぞれ新鮮な本体論もかんがへませうが
それらも畢竟こゝろのひとつの風物です
たゞたしかに記録されたこれらのけしきは
記録されたそのとほりのこのけしきで
それが虚無ならば虚無自身がこのとほりで
ある程度まではみんなに共通いたします

(すべてがわたくしの中のみんなであるやうに
 みんなのおのおののなかのすべてですから)


けれどもこれら新生代沖積世の
巨大に明るい時間の集積のなかで
正しくうつされた筈のこれらのことばが
わづかその一点にも均しい明暗のうちに

  (あるいは修羅の十億年)

すでにはやくもその組立や質を変じ
しかもわたくしも印刷者も
それを変らないとして感ずることは
傾向としてはあり得ます
けだしわれわれがわれわれの感官や
風景や人物をかんずるやうに
そしてたゞ共通に感ずるだけであるやうに
記録や歴史 あるいは地史といふものも
それのいろいろの論料(データ)といつしよに

(因果の時空的制約のもとに)

われわれがかんじてゐるのに過ぎません
おそらくこれから二千年もたつたころは
それ相当のちがつた地質学が流用され
相当した証拠もまた次次過去から現出し
みんなは二千年ぐらゐ前には
青ぞらいつぱいの無色な孔雀が居たとおもひ
新進の大学士たちは気圏のいちばんの上層
きらびやかな氷窒素のあたりから
すてきな化石を発掘したり
あるいは白堊紀砂岩の層面に
透明な人類の巨大な足跡を
発見するかもしれません

すべてこれらの命題は
心象や時間それ自身の性質として
第四次延長のなかで主張されます



     大正十三年一月廿日
宮沢賢治





d0231842_14453132.jpg
Preface to
Spring and Ashura

translation by Roger Pulvers


The phenomenon called I
Is a single blue illumination
Of a presupposed organic alternating current lamp

(a composite body of each and every transparent spectre)


The single illumination
Of karma’s alternating current lamp
Remains alight without fail
Flickering unceasingly, restlessly
Together with the sights of the land and all else

(the light is preserved…the lamp itself is lost)


These poems are a mental sketch formed faithfully
Passage by passage of light and shade
Maintained and preserved to this point
Brought together in paper and mineral ink
From the directions sensed as past
For these twenty-two months

(the totality flickers in time with me
all sensing all that I sense)


People and galaxies and ashura and sea urchins
Will think up new ontological proofs as they see them
Consuming their cosmic dust…and breathing in salt water and air
In the end all of these make up a landscape of the heart
I assure you, however, that the scenes recorded here
Are scenes recorded solely in their natural state
And if this is nihil then it is nothing but nihil
And the totality is common in degree to all of us

(just as everything forms what is the sum in me
so do all parts become the sum of everything)


These words were meant to be transcribed truthfully
In the monstrous bright accumulation of time
Of the present geological era
Yet they have gone ahead and altered their construct and quality
In what amounts to a mere point of contrasted light

(or alternatively a billion years of ashura)


Now it is possible that both the printer and I
Have been sharing a certain turn of mind
Causing us to sense these unaltered
In all probability just as we are aware of our own sense organs
And of scenery and of people through feeling
And just as what is but what we sense is common
So it is that documents and history…or the Earth’s past
Are nothing but what we have become conscious of
Along with their divers data

(at the root of the karmic qualifications of space-time)


For all I know in two thousand years from now
An appropriately different geology will be applied
With fitting proofs revealed one after another from the past
And everyone will surmise that some two thousand years before
The blue sky was awash with colorless peacocks
And rising scholars will excavate superb fossils
From regions glittering with iced nitrogen
In the very upper reaches of the atmosphere
Or they might just stumble
Upon the giant footsteps of translucent man
In a stratified plane of Cretaceous sandstone

The proposition that you have before you are without exception
Asserted within the confines of a four-dimensional continuum
As the nature of the mental state and time in and of themselves

Kenji Miyazawa
20 January 1924





*******


Eco-Farm News : http://www.phoenix-c.or.jp/~m-ecofar/opinion.html
というサイトから 以下、引用です。


:::::::


農本主義とユートピア社会主義・・・そして新農本主義
 
  農本主義は、戦時中の日本においては天皇制と共に農民(戦前は国民の大半が農民だった)統合のイデオロギーとして機能し、反民主的な国家主義を支えた側面から、戦後日本においては前近代的な過去の呪われた思想として切り捨てられ、忘却のかなたに追いやられている。そして、ユートピア社会主義(=空想的社会主義)も、かつてマルクス・レーニン主義からは科学的・現実的でないと一笑に付され、また一方では反ユートピア(ディサトピアまたはアンチ・ユートピア)に陥る疑念(事実、ユートピアを目指したコミューンがカルト化し崩壊した例は珍しくはないし、国家レベルでは毛沢東の文化大革命やカンボジアのポルポト政権の大虐殺という悲劇も生んだ)からか、現代において、それを新しい社会の理念として主張する声はほとんど聞こえては来ない。ユートピア社会主義と兄弟のようなものであるアナルコ・サンジカリズムも、純正アナキズムがテロリズムに走ったので、暴力革命を肯定する革命的マルクス主義と同様に危険視されてしまったが、かつては日本でも労農党などそれなりの勢力をもって活動していたことがある。
  
 しかし私は、これらの思想は、過去の消え去るべき思想であったというよりも、資本主義もマルクス社会主義も行き詰まってしまった現代において、今こそ必要とされるべき内容を持っているのではないかと思うのである。もちろん、それが過去において犯した過ちを、看過するわけではない。そのような危険を避けながら、新しい思想として蘇らせる必要があるのではないかと強く思うのである。
  
  わが国における農本主義というものは、それが天皇制を支える村落共同体を基礎にしたところに大きな欠陥があったと言えるのだが、農村共同体主義である点では、 ユートピア社会主義と共通する思想であるし、協同組合主義である点でアナルコ・サンジカリズムと共通する。これらすべての思想に共通するのは、小規模独立自営農民や、家内制手工業というものを尊重する点で、反資本主義であると同時に、反マルクス主義でもある。資本や権力の集中を嫌うという点で、反文明であると言ってもよいかもしれない。右肩上がりの文明発達が、環境問題や社会問題など、様々な歪みを起している時に、再びこのような思想が注目を浴びないことの方が不思議でならない。

  農本主義(日本的重農主義)の思想家として代表的なのは、権藤成卿、橘孝三郎、加藤完治などである。一方、ユートピア社会主義の思想家と言えば、ルソーに始まり、フーリエ、オーエン、ラスキン、モリス、チャヤーノフらがいる。そこから派生した農的アナキズムと言えるところでは、カーペンター、リード、クロポトキン、トルストイ、石川三四郎、加藤一夫、江渡狄嶺らがいる。ガンジーなども、その流れにある。彼らとつながりがなく独自なところでは、時代は遡るが安藤昌益もそのような思想家の一人と捉えることができるだろう。
  
  ウィリアム・モリスは、日本ではデザイナーや詩人、ガーデナーとしての人気が高いわけであるが、マルクスの「資本論」を英訳される前から何度も読み、イギリスにおいて社会主義者として民主連盟、社会主義者連盟、ハマースミス社会主義者協会の会長として活動していた。エンゲルスからは、「空想から科学へ」で否定されてしまうが、「ユートピア便り」を著したユートピア社会主義者の代表的人物である。そのモリスに大きな影響を受けた宮澤賢治、「農民芸術概論綱要」を残しているが、社会主義者と見なされることは極度に恐れていた節がある。しかし、その思想にシンパシーを持っていたことは確かだろう。当時の日本で「主義者」(社会主義者や共産主義者、無政府主義者というのはあっても資本主義者というものはない、あるのは資本家だけ)とみなされることは国家に対する反逆者であることを意味し、弾圧も厳しくなっていた時代であったから、いたし方ない面はあるだろう。

  農本主義とユートピア社会主義の具体的な中身については、これから少しずつ書いて行きたいが、とりあえず農本主義者の代表と言える橘孝三郎の思想について、簡単に記してみたい。


- 後略 -



:::::::  引用終わり
[PR]
by silverfountain | 2011-05-05 14:51 | 再生・サステイナビリティ
<< 音楽のちから ♪  自然のちから ♪ 意見映像 政府は福島市に緊急避... >>