広瀬 隆さんが魂を込めて語った講演録

これも寄せられた情報です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


d0231842_22552071.jpg「原発事故が起これば何も言うまい、話すまいと決めました。でも現地の状況を聞き、矢も盾もたまらず、福島の子どもたちを救うためにお話しすることを決めました・・・。」
(紀伊国屋書店)

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-ISBN=9784906605743





『週刊金曜日』 2011年6月3日(849号)「金曜日から」(編集後記)からの抜粋 
 
 先日、帰宅すると「あかいつぶつぶの絵」がテーブルの上に置かれてあった。妻によると、ネットで話題になっているという。ちいさな子どもの上に赤い点が降り続けているというシンプルな絵に「こういうこと。」と手描きの文字が添えられている。この絵は福島県の子どもを守りたい大人のために描かれた。作者の柚木ミサトさんのツイッターには「こういうことだと描いたら凄くこわい絵になってしまった。でも、こういうことだ。」とある。愛のある使用は自由なので、原発反対デモで目にした人もいるかもしれない。
 
四月三〇日の「広瀬隆講演会・いま福島原発でおこっていること」の講演録がブックレットとして今月、緊急出版される(DVDはたんぽぽ舎が発売)。カバーデザインの相談を受けていたので、急遽この絵を担当者に見せて提案、即決した。タイトルも「こういうこと。」に変更。すべての原発をなくすために「あかいつぶつぶの絵のブックレット」が多くの人に届きますように。 (本田政昭 氏)




「あかいつぶつぶの絵のブックレット」を皆で購入して広めましょう。
T.H.
[PR]
by silverfountain | 2011-06-22 22:57 | <原子力発電>を問う
<< 今日は夏至。ヨハネ祭 よせられた情報 >>