日本人の<個のモラル>と<集団モラル>

●フリージャーナリスト 田中龍作ジャーナル より

北海道の老人、たった一人で東電に「原発運転・差し止め訴訟」
2011年6月27日

たった一人のおじいちゃんが政府をも支配下に置く巨大企業相手に闘いを始めた。北海道北広島市で小売業を営む前川宗廣さん(62歳)が東京電力を相手取り原子力発電所の運転差し止めを求める訴訟を起こしたのである。27日、東京地裁で第一回口頭弁論が行われた。


もとの記事
http://tanakaryusaku.jp/2011/06/0002550




*******


【東電株主総会 「また原発事故を起こす」と決めた日】
2011年6月28日

チェルノブイリを凌駕する環境汚染となることが確実の福島第一原発事故を受けた株主総会に世の注目が集まった。株主たちは気が気でない。老後の蓄えに東電株を買った年金生活者や原発に反対する株主たちが続々と会場に足を運んだ。

 東京電力によれば出席した株主は9,258人(午後3時現在)。例年の3倍にも及ぶ。株主たちは今回の事故をどのように受け止めているのか、話を聞いた――


-中略-


東電経営陣は口先では「皆様には大変なご迷惑をおかけしまして…」と言う。だが事故原因をひたすら津波のせいにする。今回の大事故の予兆となるトラブルや事故を隠し続けてきたことへの反省は微塵もない。会社を支えている株主にさえ情報開示をする姿勢がないことも今日の総会で明らかになった。

 一縷の望みも空しく402人の株主が提案した「原子力発電事業からの撤退」は反対多数で否決された。



もとの記事
http://tanakaryusaku.jp/2011/06/0002557
[PR]
by silverfountain | 2011-06-29 06:24 | <原子力発電>を問う
<< あっぱれ、城南信用金庫理事長!... 少し他の角度からの気持ちのケア >>