映画 『 セヴァンの地球のなおし方 』

生協 pal*system Kinari [きなり] 2011年7月3回表紙より転載


*******

d0231842_1095134.jpg 「どうやってなおすのかわからないものを、壊し続けるのはもうやめてください」。

1992年、リオデジャネイロで開催された地球サミットで12歳の少女、セヴァン・カリス=スズキが残したメッセージが、世界中の大人の心を揺さぶった。

その伝説のスピーチから19年、もうすぐ1児の母となるセヴァンを案内役に、経済優先社会の視点からの転換を訴える映画『セヴァンの地球のなおし方』が作られた。かつて大人に環境破壊をやめるように訴えたセヴァン。自らが大人となったいま、彼女が発信する「地球のなおし方」とは?



「超消費大国・日本」が変れば世界も変わる。

 東日本大震災が日本を襲ったのは約4ヶ月前。想像をはるかに越える規模の地震と津波、それに続く原発事故は、私たちの心にも大きな影響を与えた。自然の前での人間の無力さ、家族や仲間を失うことの恐ろしさ、日々の平穏な暮らしを支えるたくさんのつながりの存在などを実感し、これまでの自分の暮らしや生き方を見直そうとする人々も少なくない。

 『セヴァンの地球のなおし方』は、フランスでオーガニック・ブームを巻き起こしたドキュメンタリー映画『未来の食卓』ジャン=ポール・ジョー監督が、リオでのセヴァンのスピーチに触発されて構想。福岡で合鴨農法によって有機米をつくる農業者の百姓百作(※農の仕事は「百の仕事をし(百姓)、必要な物を何でも作る(百作) " 創意工夫の世界 " であること」を言い表す言葉) の精神、地域の子どもたちのために無農薬で野菜を育てる福井県池田町の「お母さん」たちが登場するなど、主な舞台は日本の農村だ。

 「超消費社会を体現する日本は、世界にとって非常に象徴的な存在。日本が将来的に変わっていくことは世界が変わるきっかけになり得る。すでに日本には変化を可能にする人たちがいて、そうしたモデルが世界に希望をもたらすと考えた」(同監督)



「子どもたちの育つ世界を決めるのは私たち」

 一方、映画のなかには、いまの「予兆」とも言うべき場面も登場する。

 安全な食やそれを生み出す大地を子どもたちに手渡したいと、地域ぐるみで有機農業に取り組む南仏の小さな村。その豊かな田園風景のすぐ向こうで、数基の原発が黙々と煙を吐き出しているのだ。まるで合成写真のように違和感に満ちた光景。それはそのまま、私たちが看過してきた「フクシマ」の現実でもある。

 12歳で大人たちに「壊し続けるのはもうやめて」と訴えたセヴァン。

 「未来を失うことは選挙や株で負けることとは違います。破壊を止めなくては」「自分の子どもを心配する両親こそ環境問題の一番の希望だと思います。人びとが将来について本気で心配するとしたら、木々やハチのことではありません。自分たちの子どものことです」

 守るべき具体的な対象をもったセヴァンのメッセージは、19年前よりもいっそう切実で明確で、力強い。「子どもたちの育つ世界を決めるのは私たちなんです」―――。いま、私たちは大きな転換点にいる。あなたは地球をなおすため、どう行動しますか?









*********




現在、東京都写真美術館、渋谷アップリンクにて上映中

●『セヴァンの地球のなおし方』公式サイト http://www.uplink.co.jp/severn/


●ジャン=ポール・ジョー 来日インタビュー
現在公開中の『セヴァンの地球のなおし方』のジャン=ポール・ジョー監督が6月初旬より来日。原発事故の起こった福島、新宿アルタ前や小金井など各地で開催された脱原発デモ、そして上関原発予定地対岸の祝島までの撮影を行った。次回作のための準備を進めながら、世界から知られる存在となった福島をはじめとした原発と、その問題にあまりにも無関心な人々に対し、怒りをあらわにしていた。
http://www.webdice.jp/dice/detail/3125/

●ジャン=ポール・ジョー監督
『 未来の食卓 』公式サイト
http://www.uplink.co.jp/shokutaku/

●『未来の食卓』インタビュークリップ(フランス語)
http://vimeo.com/5633754




●東京都写真美術館
アップリンク・アースライフ・シリーズ特集上映
お問い合せ : アップリンク 03-6821-6821

上映期間 :2011年7月16日(土)~8月12日(金)
休映日 : 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

■上映時間:
 10:10~「レイチェル・カーソンの感性の森」
 11:25~「未来の食卓」
 13:35~「セヴァンの地球のなおし方」
 16:30~「セヴァンの地球のなおし方」
 18:50~「100,000年後の安全」
※トークイベントが開催される回は、予告編の上映はございません。
 本編からの上映となりますので、ご注意ください。


「セヴァンの地球のなおし方」関連イベント開催

◆2011年7月23日(土) 13:35の回終了後
ゲスト:中島デコ 氏(マクロビオティック料理家)
※予告編の上映はございません。本編からの上映となりますので、ご注意ください。

◆2011年7月24日(日) 13:35の回終了後
ゲスト:上田壮一 氏(Think The Earth プロジェクトプロデューサー)
※予告編の上映はございません。本編からの上映となりますので、ご注意ください。

◆2011年8月6日(土) 13:35の回終了後
ゲスト:中村隆市 氏(ウインドファーム)
※予告編の上映はございません。本編からの上映となりますので、ご注意ください。






d0231842_13301117.jpg
この少女って、セヴァンじゃないかな・・・?って思っていたのだけど・・・
[PR]
by silverfountain | 2011-07-21 10:39 | 精神・心への栄養
<< 三つ葉のロゴに込めた思い ハンガリーの発達支援実践者 エ... >>