欧州放射線リスク委員会 クリス・バズビー博士インタビュー

●留守中に寄せられていた情報より


日本政府などが様々な基準に採用しているICRP(国際放射線防護委員会)と一線を画し、内部被ばくや低量被ばくについて長年、研究を重ねて来た欧州放射線リスク委員会(ECRR)の技術議長クリストファーバズビー氏。日本の汚染はどのような状況にあるのか。そして、どのようなリスクがあるのか。OurPlanetTVの単独インタビュー。
 
ゲスト:クリス・バズビー博士(ECRR(欧州放射性リスク委員会)
インタビュアー:松元千枝(ジャーナリスト)
翻訳:堀田史恵/OurPlanetTV


http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1190


↑  客観的でとてもわかり易い、いいインタビューです!!! 是非お聞きください。




d0231842_10282269.jpgこの新聞記事では年間0.1ミリシーベルトを避難の目安にと勧告しています。(東京新聞7/20)
[PR]
by silverfountain | 2011-08-10 10:29 | 放射能被ばく予防&ケア
<< 日本という国は、この期に及んで... 頭の中がいろいろと原発&その他... >>