日本という国は、この期に及んでも“エコノミック・アニマル”の国に甘んじるつもりなのか??

外国からもたくさんの人が見ている。日本がどうするかを・・・!
政府もだめ、行政もだめ、企業や生産者側もだめなら、
せめてマスコミだけでも本当のことを伝えて!!

日本国の、一般消費者は、生産性も経済力もない小さい子どもはどうなるのか?
国の未来を背負う子どもの命や健康より、生産者を守る生協って???
今まで信じていたものまで、覆されてしまいそう・・・!

武田教授、よくぞ言ってくれました!!パル・システムも、他の生協もどうか考えを改めてください!!




生協のパルシステムで子供が被爆する






(まず、以下は生協のパルシステムについての生協自体のホームページの記載事項です。読者の方からのご連絡です。)


「暫定規制値を下回る基準を独自に設定することは、長年培ってきた産直産地との関係を否定しかねず、日本の農業に大きな打撃を与えることが懸念されます。


パルシステムは、産直産地との長年の取り組みを通じて、日本の農業を応援し食料を自給できる国にすることをめざしてきました。とりわけ東日本には多くの産地が集中しています。問題の長期化が確実となっている中で、


暫定規制値を下回る独自基準を導入することは、品種によっては取り扱う商品がなくなってしまうことも想定しなければなりません。こうした事態は、地域の農業・経済に壊滅的な打撃を与えることとなってしまいます。


またパルシステムとして、国の暫定規制値より低い数値の独自基準を設定し、この基準を超えた食品を制限する場合、国の措置ではありませんので、公的な生産者への経済的な補償は行われません。


また、パルシステムが単独で補償をおこなうことも困難です。」


・・・・・・・・・


このことと、政府が決めている暫定基準値が、「内部被曝 年間20ミリシーベルト」になっていること、20ミリシーベルトとは胸のレントゲン400回分であり、子供も同じだけ被曝する可能性があることを考え合わせてみます。


・・・・・・・・・


生協が言っていることは「お客さんが法律で決めた値以上の被曝をしても仕方が無い。1年400回のレントゲンと同じ被曝をお客さんの子供たちが浴びても仕方が無い」と言っています。


ただ、自らを正当化したいので、法律のことも、400回のレントゲンのことも一切、触れず、ただ「政府が」、「お金が」と言っています。でも生協の食材でガンになる子供はどうなのでしょうか? それはこの理屈で覆すことができるのでしょうか?


生協を信頼し、生協で食材を買い、そして若くしてガンになった人が、「補償できないから」ということで納得するでしょうか? 生協の人はもう一度、原点に返り、理屈ではなく「誠」で考えてください。



「takeda_20110807no.48-(5:05).mp3」をダウンロード




(平成23年8月8日 午後2時 執筆)





武田邦彦


もとの記事
http://takedanet.com/2011/08/post_edd9.html








*******






NHKも、放送するなら真正面からやってほしい!!
やはりまだまだ御用放送。。。及び腰で、放送しているのでしょうか?

(日本総地デジ化どころの事態ではないというのに・・・!!)


NHKは原爆を取り上げた驚愕のNスペをなぜ平日深夜に再放送したのか
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20110809/Gendai_000151740.html
[PR]
by silverfountain | 2011-08-10 13:49 | 放射能被ばく予防&ケア
<< チェーホフのように強くなりたい... 欧州放射線リスク委員会 クリス... >>