ちまたは、まるで原発事故がなかったかのように風化の気配…でも、

寄せられた情報



「●放射能防御プロジェクト 木下黄太のブログ  「福島第一原発を考えます」
福島第一原発敷地内で「地割れ、水蒸気が噴出している」情報。再爆発の懸念も。
2011-08-15
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/26ea73eff5b8b8d698d21dc57d1b10ba

8/17 RussiaToday 福島第一・地面から水蒸気が噴き出している
<広島市立大学、ロバート・ジェイコブズ教授の話>
http://www.youtube.com/watch?v=4bD7SuXVpc4&feature=player_embedded


私個人の推測であり、確認することも不可能ですが、
メルトダウンして圧力容器を抜け落ちた核燃料が、更に格納容器をも突き抜けて
原発の敷地地下まで達した結果、その崩壊熱で沸騰した地下水等が水蒸気となって
敷地の割れ目から噴出していることが考えられます。


国内の一般メディアは、現地取材もせずに東電・政府の発表を真に受けて、
あたかも福島原発の事故が収束に向かっているような報道を行っていますが、
現実には事故を収束させる手段を講じることすら困難な状況に陥っている
可能性があります。


今回の原発事故は解決までに長い年月が必要とされるものであり、「慣れ」は禁物です。
正しい判断を行うための自身による情報収集と、避難への備えを怠らないようにしましょう。


全国の放射能濃度一覧をまとめてくれているサイトを再掲します。
http://atmc.jp/
7月以降、原因不明のピークが頻繁に現れています。



T.H.」





・・・・・・・・・・・・・


その後の余震(7月1日、8月12日)でまたさらにメルトダウンで溶け出した核燃料がさらに、建屋の外の地面から水蒸気となって噴出?!水蒸気だから大気中に出て目でまだ確認できてるけど。。。

メルトダウンって、原発設備を溶かすだけでなく、なんでもメルトダウンさせるってことでしょ?そう、すべて、地球の核にまで到達して、日本の裏側のブラジルまで達する?もう本当に「チャイナシンドローム」は絵空事ではない???


私とて、もうこの種の情報を受け取る脳の余白がなくなっている感じですが、大変なことなんではないでしょうか・・・・・?


といって、私たちに何ができるのか?でも、正確な情報を求め続けるしかありません。政府にだまされたまま、東電側に丸め込まれたままでは、絶対にいけないことは確か・・・!


東北の人でさえ、もう何事もないように、地元産野菜を買っているという盛岡の方の生の声を先日聞きました。

私たちにできること、とにかく風化させることだけは避けること。身近な人に話すこと。できることをひとつでもすること。身近な土に、たとえ一ミリ四方でも責任を持とうとすること。それをどうやるかを探ること。

ではないでしょうか?



2011年8月24日
山本ひさの
[PR]
by silverfountain | 2011-08-24 19:23 | <原子力発電>を問う
<< シュタイナー教育 と 魂のミル... 本当の幸福を考える / 日本人... >>