文科省から除染ガイドラインが出ました

ML <八王子・放射能と子どもの生活>より


転載
*****

「福島県以外の地域における周辺より放射線量の高い箇所への文部科学省の対応について」
平成23年10月21日
文部科学省 原子力災害対策支援本部

●地方自治体が放射線量を測定する際には、本ガイドラインを参考にすること
●以下の場合、文部科学省に連絡すること
 ①周辺より放射線量の高い箇所(地表から1m高さの空間線量率が周辺より毎時1マイクロシーベルト以上高い数値が測定された箇所)を地方公共団体が発見した場合。
 ②民間団体等が周辺より放射線量の高い箇所(①と同じ)を発見したとの公表を行った場合
●可能な範囲で簡単な除染をすること(「簡単な除染」とは、側溝の泥の除去、落ち葉の回収、樹木の選定、水による洗浄、ブラッシングなど)
●簡単な除染を行った後も地表1mで毎時1マイクロを下回らなければ文科省で再計測や実地検証、除染を行う

*****

この件に関して、東京新聞からコメントを求められたので、「個人の意見」として以下のようにお話しました。

●基準が高すぎてびっくりした。東村山では0.19μSv/hで除染するとう独自基準を報道で見たばかりだったので、希望は0.2μ、高くても0.3μで除染して欲しい。地表1mのところに1日8時間いるとすると年間約2.9ミリシーベルトとなり国の基準1ミリを超えている。しかも、子どもたちは感受性が大人の数倍というのでこの基準はやっぱり高すぎると感じる。
●「簡易な除染」の後、枯葉を燃やしたりして拡散しないか心配。
●土壌分析が必要。このまえの北野台の公園でも、地表5cmで空間放射線量0.38μSv/hの時にセシウム合計8,000ベクレル程度あった。しかも、地表1mくらいになると空間放射線量は周りとほぼ変わらない。マイクロホットスポットとは本当に局所的だと感じた。地表1mで1マイクロシーベルトを下回っても、実際の土壌汚染はけっこうある。それに、横浜のストロンチウムの件もあるので、土壌検査をして核種を分析して欲しい。

「保護者を中心とした八王子市民の会の代表の1人として活動しているさんの個人的な意見」と言う風に紹介されるようですが、「個人的な」というのは省かれやすいそうです。。。
どんな風に掲載されるのかすごく緊張するので出来ればコメントしたくなかったのですが、東京新聞は24日(月)の市との話し合いの後の記者会見にも来てくれるそうなので協力しておいた、と言う次第です。

*****

にしても、24日(月)の市との交渉直前というこのガイドラインの発表、タイミングが悪すぎます。





*****
[PR]
by silverfountain | 2011-10-22 03:45 | 放射能被ばく予防&ケア
<< セシウム、ストロンチウムに立ち... ニュースにだまされるな10/1... >>