またもすごいな! 城南信用金庫☆

これも寄せられました

城南信用金庫は、12月2日、本店(品川区)で記者会見を開き、来年1月からは、技術的に可能である全ての店舗の電力を、東京電力からは購入せず、天然ガスや自然エネルギーなどで発電する新規電力事業者のエネットから購入すると発表した。
エネットは、電力会社でなくても電力を販売できる「PPS(特定規模電気事業者)」の大手、その他にも46社があり、中小企業や、工場、ビル、マンション、学校等でも電力の切替契約が可能。
城南信用金庫が脱東電するのは、全85店舗のうち、技術的に可能な77店舗全てで、年間の電気料金が、従来は約2億円であったのに対し、約1000万円削減の1億9000万円になる見込みだという。
城南信用金庫は、福島第一原子力発電所事故後の4月、「脱原発」のメッセージをホームページに掲載し、大きな反響を呼んだ。



【記者会見】
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1277
[PR]
by silverfountain | 2011-12-08 04:14 | <原子力発電>を問う
<< 日本の報道業界についての朝日ニ... ドイツ放射線防護協会が「希釈政... >>