大人のためのストーリーテリング

大人のためのストーリーテリングの夕べ

内容 
「雪の女王」
「ヤクーバとライオン」


語り手 
でじまみき 
寺尾亜希子

日時 2012年1月27日(金)19:00
場所 新宿区喜久井町20 オープンフォーラム早稲田
東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩5分/大江戸線若松河田駅より徒歩7分

参加費 1,500円(当日払い)



でじまみき 

言語造形家。1997年渡英。アルテミス・スピーチ&ドラマスクール、スクール・オブ・ストーリーテリング修了。ロンドン・ユーリズミ―カレッジにて言語造形家として勤務。2010年帰国。

寺尾亜希子 
英国エマソンカレッジで、詩や物語の創作、ストーリーテリングを学ぶ。スクール・オブ・ストーリーテリング、ストーリーテリング・アズ・ア・ヒーリングアート修了。
まどか園に長男を通わせている。船橋にて母と子の会セラフィーム主催。



お問合わせ・お申し込み
フォーラム・スリー…e-mail: info@forum3.com
tel.03-5287-4770 / fax.03-5287-4771









*******
私たちは、語りや素ばなしを子どものためのものと思い込んではいないでしょうか?
子どもに語る私たち大人にこそ、魂の栄養としての語りを聴くことも必要だと感じています。
もちろん読むことも意味がありますが、物語や昔話を諳んじたり、自分の中に持っていることは本当に財産になります。また、ヒーリングにもなります。忙しく、理不尽なことも多い現代社会に生きる私たちにこそ必要なのかもしれません。

以前、シュタイナー幼児教育協会の講義で、「無人島でシュタイナー幼稚園を始めるとしたら、何が必要か」というワークショップで、「うたとおはなし」というのが一番最後に残りました。ピンクのカーテンでなくても、ライアーがなくても、シュトックマーの絵の具やクレヨンがなくても、オイリュトミーをしなくても、<歌と物語>は、人間最古のエンターテインメント(祭りごと)であり、教育であり、セラピーなのかもしれませんね。

エマソンカレッジの夏のハウス・チームで一緒だったみきちゃんがやります。
別のときにメールで話していて、『雪の女王』の中の美しさ、アンデルセンの深さを熱く語っていましたので、きっと語りも熱く美しいと思います。是非、行ってみましょう ♪
[PR]
by silverfountain | 2011-12-31 00:01 | 精神・心への栄養
<< ウクライナ放射線研究センター・... チェルノブイリから学ぶことは多... >>