『放射能に負けない体の作り方』

『内科医が教える 放射能に負けない体の作り方』  土井里紗  (光文社新書)

d0231842_19462098.jpg




◎ 概 要
放射性物質から全身の細胞を守る!
食事・生活のコツ
カギは「抗酸化」

◎ 内 容
福島第一原発の事故による放射能汚染。
次々に明るみに出る事実により、脅威は薄れるどころか、
日増しに高まっているように感じられます。
忘れてはならないのは、住み慣れた土地を離れられない私たちの戦いは、
今後何十年という単位で続くということ。
特に一般の人々がさらされているのは、内部被曝の危険です。
放射線に負けない体を作る方法はあります。
そしてそれは生活習慣病、がん、アレルギーなど、現代人の多くの病気や、
老化に負けない体を作ることにつながります。
放射線障害を含むこれらの病気には、活性酸素という体のサビが関与しており、
発症や悪化には、食や生活習慣が大きく関わるからです。
また重金属や化学物質などの有害物質を除去する方法で、
放射性物質を取り除くこともできます。
本書では、すぐに実践できる具体的な放射線対策に加え、
多くの病気対策にも通じる食事法や栄養療法、生活習慣、
デトックス(解毒)法を紹介します。

◎ 目 次
はじめに
1章 なぜ、放射線が身体を蝕むのか
2章 アンチエイジングと放射能防御の考え方は同じ
3章 これから10年、20年と正しい食事で放射線の害を予防する
4章 サプリと栄養素で放射線に負けない抗酸化力アップ!
5章 自分でできるデトックスと免疫力アップ
おわりに

◎ 著者プロフィール
土井里紗(どいりさ)
新宿・京王プラザホテル内プラザ30階クリニック副院長。
内科医。日本内科学会、日本糖尿病学会、日本抗加齢医学会所属。
栄養学、東洋医学、抗加齢医学などを取り入れた幅広い診療を行う。


Amazon のサイトより
[PR]
by silverfountain | 2012-01-14 00:01 | 放射能被ばく予防&ケア
<< 映画 『第4の革命』 渋谷で上映中 岡山博氏(仙台赤十字病院呼吸器... >>