今夜テレビで坂本龍一と岩井俊二の原発についての対談

2/06 23:00〜
●日本映画専門チャンネル 
『坂本龍一と岩井俊二 特別対談』(71分)

リピート放送です。(私は先日の放送を観ました)


坂本龍一は、チェルノブイリの頃から色々と放射能の知識を得て、3.11後も早くから言動。

d0231842_1934394.jpg岩井俊二監督は、3.11 前から原発のことを映画にしようと脚本を準備中だったようです。


聴き終わって印象に残っているのは、

「人は、あまりのことの大きさに、なすすべがなさすぎて、呆然とし、諦めにも似た虚無感で、思考停止しているというか、鈍感を決め込まざるを得ない、説明のつかない状況の中にいる。」

「チェルノブイリ事故に対するロシア政府の対応のお粗末さを、日本人は当時、上から目線でさげすまんばかりにみていた。だが、フクシマが起きてみて、その対応に関しては、ロシアのお粗末さの比ではないお粗末を日本政府はしでかし、それは一年近く経とうとしている今まだ続いている。」

「実際にかなり線量の高い被災地に行ってみた。知ってはいたが、放射能は色も匂いも味も本当に全くない。それどころか、東北は悲しいほどに景色が美しく、そこにガイガーカウンターのピピピと鳴る音がなければ、まったくの絶景で、そんな恐ろしいところに自分がいるとは到底誰も思わないだろう。」


というくだり・・・・・・


日本映画専門チャンネル番組紹介




胸中には熱いもの、焦燥感。日本人の大人の一人であることの責任を痛感している二人。
なすすべのない、大きな壁の前にどうしていいものか・・・という精神はクールだが、大きな思いと、何かしよう!という意志は堅い対談 だった。



その後のリピート放送
2/09 24:06〜
2/15 17:00〜
2/16 25:05〜
2/19 19:00〜
2/23 24:51〜
2/28 12:00〜



 



岩井俊二監督作 Friends after 3.11











******* すごいです。鎌仲監督の作品がテレビで観られるようになりました。

鎌仲ひとみ監督 作品放映日

『ヒバクシャ 世界の終わりに』

2月12日(日) 28:20
2月14日(火) 27:00

番組紹介
http://www.nihon-eiga.com/program/detail/nh10003134_0001.html?s_mr=rmd00001


『六ヶ所村ラプソディ』 

2月16日(木) 23:00
2月20日(月) 26:30
2月26日(日) 28:10

番組紹介
http://www.nihon-eiga.com/program/detail/nh10004531_0001.html?s_mr=rmd00001






その他に、田原総一朗原作の 『原子力戦争 Lost Love 』
アニメ 『そら飛ぶゆうれい船』 という原子力をテーマにした映画の放映もあります。
番組サイトの右真ん中の方をクリックしてみてください。
[PR]
by silverfountain | 2012-02-06 18:51 | <原子力発電>を問う
<< 原発都民投票請願署名 法定数2... 『家族を内部被ばくから守る食事法』 >>