短編映画 『チェルノブイリ 記憶の扉』 IMAGICA BS で放映

8月31日(金)  18:00~18:30
d0231842_18363469.jpg
バイクで運んでいるのは、立ち入り禁止区域になった自分の家に忍び込んで運び出したドア。そして最後、亡くなった幼い娘をこのドアに乗せて・・・・・。
The Door というタイトルの意味がするどく胸に突き刺さります*





1986年にソビエト連邦(現・ウクライナ)で起きたチェルノブイリ原子力発電所事故。周辺地域から立ち退いた住民らの想いは…。(ショートフィルム/2008/アイルランド)

1986年にソビエト連邦(現・ウクライナ)で起きたチェルノブイリ原子力発電所事故。周辺地域から立ち退いた住民は約16万人という大惨事だったが、実際に被害にあった家族らの証言をもとにしたこの作品は、立ち退き後も続いた彼らの不安定な生活、被爆の影響、死への恐怖、そして故郷への想いを一人の若い父親の視点から描いた。



d0231842_10144841.jpg





原題 The Door  18分
制作年 : 2008年 | 制作国 : アイルランド | 言語 : ロシア語



d0231842_10145075.jpg
d0231842_1015156.jpg
d0231842_18391578.jpg






英語字幕で大丈夫な方はYouTube でも観られるようになっていました

The Door (Octagon Films) - Oscar Nominated Short Film








d0231842_1835113.jpg

[PR]
by silverfountain | 2012-08-28 10:25 | <原子力発電>を問う
<< 話題らしいのですが、私は初めて... 鎌仲ひとみ監督最新作 『内部ひ... >>