「市民が育てる自然エネルギー先進地・飯田市をたずねよう」参加者募集!!

d0231842_22413354.jpg
 
長野県飯田市は、市民と行政、NPOから生まれた事業者の連携により、太陽光発電を中心とした自然エネルギーの地産地消を試み、発展している日本の先進地域です。

9月から八王子市民講座が開催している「めざせ!八王子市民発電」の連続講座では、前回、その牽引者である原亮弘さん(お日さまエネルギー進歩㈱取締役)を講師にお迎えして、飯田市での経緯や、太陽光発電事業の可能性などについてうかがいました。最初はある私立幼稚園の屋根借りから始まった事業が、しだいに公共施設や町のさまざまな場所にソーラーパネルをのせて発電所を拡げ、市民の出資や地元金融機関の協力その他によって、お日さまエネルギー事業が展開・成功してきたそうです。


八王子から、実際の様子を見に行ってみよう!ということで、下記の市民ツアーをよびかけます。ぜひ、ご一緒に飯田市をたずねてみませんか? 

地元のNPOと交流し、化石燃料ゼロハウスの宿泊、あったかい温泉、そして長野のおいしい地酒やお料理も味わって来たいと思います。お友達やご家族、お誘い合わせ歓迎です。



◎日程:12月7日(金)~8日(土)、1泊2日

 7日朝八王子出発、長野県飯田市へ。人数によりワゴン車またはマイクロバス。

 8日夕方八王子着(現地集合、現地解散も受け付けます。ちょうどこの週末は夜通し行なわれる「霜月まつり」もあるそうです)



◎最低催行人数:8人(定員20名まで)



◎およそのスケジュール

金曜朝8時ごろ出発~(高速バスだと日野発3時間半とされています)~昼ごろ飯田市着

午後見学①エコカフェいいだ(おひさま進歩㈱含む)レクチャーと見学

夕方、日帰り温泉後、「NPO法人いいだ自然エネルギーネット山法師」と交流会

Aコース:風の学舎(化石燃料ゼロハウス)宿泊

Bコース:交流会後、一般宿に移動して宿泊

土曜朝~風の学舎集合

午前見学②NPO山法師のレクチャー、りんご並木など見学

午後、八王子へ向けて帰る(希望者はオプション企画または現地解散)



◎見学の内容

 エコカフェいいだ(飯田市地球温暖化対策地域協議会)が視察の窓口:猪口さん

・おひさま進歩エネルギー㈱   

・NPO法人南信州おひさま進歩 のいずれか

・発電設備(市民の家や公共物の設備―市内253か所、1600kw)

・風の学舎(レクチャー、化石燃料ゼロハウスの見学・説明:平澤さん)



◎およその費用 

 視察・レクチャー費用 1人3500円程度(団体料金と資料代込み)

 宿泊費 3000円程度(風の学舎、ふとん代1360円)

 夕食交流会+朝食費 3500円程度(夕食付交流会2500円、朝食500円ほか)

 交通費 数千円(レンタカーと高速・ガソリン代を頭割りします、人数により異なります)

 昼食・日帰り温泉・おやつや酒代等は自前でお願いします。持ちこみOK。Bコース宿泊費も含まず。



○費用の内訳

・エコカフェいいだ視察 15名まで1万円(1団体)と1人2000円×人数、16人以上は団体料金が13000円となる。

・風の学舎レクチャー 2000円(1団体)と1人500円目安

・交通費:レンタカーの場合は参加者でレンタル費用、高速道路、ガソリン代等を頭割りする。人数により費用が異なるが、一般高速バス&タクシーよりは安価。現地移動に公共交通(バス)などはないとのこと。

・宿泊費:風の学舎(化石燃料ゼロハウス)の宿泊は、平日だと3人まで8000円、4人以上は1人目から1人あたり2000円。寝具はリースで1セット1360円。寝袋持参なら借りずに済む。男女別の大部屋です。朝食自炊、薪ストーブ&いろりです。

http://yamabousi.net/100kazenomanabiya/100kazenomanabiya.html



・風の学舎から比較的近い温泉宿の宿泊も可。宿に応じて自費でお願いします。翌朝、朝食を済ませて、風の学舎集合。休養を兼ねゆっくり過ごしたい方、乳幼児連れ、ご家族連れもどうぞ。現地集合・現地解散の場合は、7日午後飯田市役所集合、8日朝風の学舎集合で、視察やレクチャーのプログラム、交流会に参加できますので、お申し出下さい。



◎申込&問合せ

子どもたちの未来と自然エネルギーを考える八王子市民講座
[PR]
by silverfountain | 2012-10-28 22:55 | 再生・サステイナビリティ
<< オイリュトミー生誕100年記念... 『週間金曜日』 にも放射能特集が >>