子どもの健康と放射能問題を考える連続講座 第一回 のご案内

学校の中で、地域の中で、放射能汚染が広がっていることへの

「不安な気持ち」を言葉にすることがはばかれる・・・

そんな空気がつくられている。と、よく聞きます。

3・11後 の放射能「安全」報道を読み解き、一人一人がそれぞれに

ものを考え「発信」できる社会をつくるためにはどうするか・・・

ともに考えてみたいと思います。

ぜひ ご参加ください。

子どもの健康と放射能問題を考える連続講座― 第1回

*--------------------------*------------------------*-------------*

「 放射能が不安」は、おかしいのか?

メディア・専門家の発言を読み解き、学校の役割を考える

*--------------------------*------------------------*-------------*

放射能を話題にしたいけれど、でも・・・と感じる人

テレビや新聞の放射能報道になんとなくモヤモヤを感じる人

実際の報道を読み解いていく講演は、わかりやすい例えに満ちています。

今回は学校に押しつけられた役割も話して頂きます。

「ほんとうに来てよかったです!」と、思っていただける内容です。

◆日 時⇒ 11日(木)午後6:15(開場)6:45(開演)

◆会 場⇒ 阿佐ヶ谷地域区民センター(第4・5集会)



◆講 師: 影 浦 峡さん(東京大学大学院教授)専門は言語とメディア

     近年の著書⇒「3.11後の放射能「安全」報道を読み解く」

★資料代⇒700 円

■主催:「杉並の教育を考えるみんなの会」

     ☆連絡先⇒090-1859-6656(東本)
[PR]
by silverfountain | 2012-11-06 19:17 | <原子力発電>を問う
<< 『ママレボ(Moms'... シュタイナー学校校医、ジェフ・... >>