カテゴリ:放射能被ばく予防&ケア( 80 )

南相馬で被災ママの出産を励まし続けた高橋亨平医師ガンで逝く

これもイギリスの友人が送ってくれた情報です。

d0231842_19261245.jpg◆ さよなら亨平先生(震災取材ブログ) @福島・南相馬 
日本経済新聞 2013/3/29 より 
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFH25007_W3A320C1000000/



最後まで現場で診療を続け、1月22日に死去した原町中央産婦人科医院の高橋亨平院長(2011年11月、福島県南相馬市)


◆YouTube: Fukushima NHK Documentary: "Fighting Doctor"



以下は他の方のブログで見つけた文です。とても素敵なので転載させていただきます ☆

*** 高橋亨平医師の9月4日のコメントから ***


人類の祖先の誕生は、30億年前に誕生したと

言われているが、厳密に言えば詳細は不明であろう。

しかし、その経過中に、様々なに形に姿を変え、

変化しながら適応し生きてきたことは間違い無い。

そして、その生き延びた遺伝子の最先端の時間を、

今、我々は幸せに生きている。

だから、今生きている人たちは、全て先祖が知恵を

働かせ、戦いで生き残り、最先端の時間を迎えている。

希望と愛、だから全ての人々が、勇気と誇りを持った

人たちの子孫であり、エリートであるはずだ。

氷河時代の寒さに耐え、恐竜時代には、

恐竜に追い回され食べられ、

石器時代の知恵、連帯、戦国時代の戦いに敗れ、

滅びた家系、生き延びた家系、戦争で無念の死、

原爆で途絶えた家系、心の中の善と悪との戦いに

一人一人がもっと注意を払うべきであろう。

パンドラの箱を開けてしまった今、

我々はそれと戦うしか方法は無い。






*******

高橋医師のご冥福を祈るとともに、私たちが少しでもこの精神の遺伝子を受け継ぎたいものです。合掌。
[PR]
by silverfountain | 2013-05-06 19:20 | 放射能被ばく予防&ケア

佐渡に帰省して参りました☆

こういうプロジェクトをやっているNPO がいるのを東京に帰ってからイギリスの友人が連絡くれました ♪

「佐渡保養キャンプ へっついの家」NHK福島ニュースリポート2/04/2013放送



活動概要はこちら http://www.youtube.com/watch?v=WDkVfeZsXWk
[PR]
by silverfountain | 2013-05-06 18:55 | 放射能被ばく予防&ケア

映画『~放射線を浴びた~X年後』予告編


[PR]
by silverfountain | 2013-02-13 06:56 | 放射能被ばく予防&ケア

町田市の土壌汚染マップが東京新聞、タウンニュース等に掲載

d0231842_621166.png町田版 2013年1月24日号


土壌の放射性物質を調査
市内の6市民団体が協力し実施

            町田市の土壌の放射性物質調査(提供資料
d0231842_6243057.jpg
                       単位はベクレル/kg


詳しくはこちら

www.townnews.co.jp

町田市の放射線測定量等をする有志の会
[PR]
by silverfountain | 2013-01-29 06:32 | 放射能被ばく予防&ケア

知っていましたか?飛行機に乗るだけで被ばくするって!

これは、「武田教授だったかが、お話の中で仕事で飛行機に乗る回数を、年間許容量内になるよう計算して制限している」というのを、仕事仲間がちらっとつぶやいているのを聞いて調べてみました。


◆ROCKET NEWS 24 2011年6月6日
やっぱり飛行機に乗ると放射線値は高かった!最高値で4.19マイクロシーベルト毎時 / それでも飯館村の半分以下

羽田空港の出発ロビー0.14マイクロシーベルト毎時
離陸後の安定飛行時 2.0~2.5マイクロシーベルト毎時あたりで安定
ときには3.50~4.00以上を記録。高度が関係している可能性が高い

d0231842_16303783.jpg
                                         写真:ロケットニュース24
(最高値は4.19マイクロシーベルト毎時。離陸前の約42倍の放射線値だ。ちなみに福島県飯館村の空間線量は8~16マイクロシーベルト毎時といわれており、飛行機に乗っているときよりも2~4倍となっている。)

また、羽田~ロサンゼルスまでの累計被ばく量は27.0マイクロシーベルトであった。



◆これは、違うサイトからのもの

【健康被害の目安(空間線量率/大気中の放射線の影響)】
2.4mSv(ミリシーベルト) 自然状態での1年間の被曝量
20mSv(ミリシーベルト) X線CT検査1回分の被曝量
50mSv(ミリシーベルト) 放射線作業者の年間許容量
100mSv(ミリシーベルト) 年間にこれだけの線量を浴びると健康に悪影響があると               
                 されるレベル(発がん率0.5%上昇)
250mSv(ミリシーベルト) 一時にこれだけの線量を浴びると白血球の減少が起こる
500mSv(ミリシーベルト) 一時にこれだけの線量を浴びるとリンパ球の減少が起こる
1000mSv(ミリシーベルト) 一時にこれだけの線量を浴びると急性障害が起こる
3000mSv(ミリシーベルト) 一時にこれだけの線量を浴びると50%が死亡
7000mSv(ミリシーベルト) 一時にこれだけの線量を浴びると99%が死亡




*******
実は、長年シュタイナーの運動を一緒にやっていた知り合いが、急性白血病に罹りました。
何か放射能が関係しているのか?本業の他に、NPO や様々な運動体の理事や運営委員も、信じられないほどの激務をこなしていたから自己免疫力が弱まったのだろうか・・・・・?

今は抗がん剤治療をなさっているとのこと・・・・・。かける言葉も見つかりません。。。

[PR]
by silverfountain | 2012-12-27 16:49 | 放射能被ばく予防&ケア

セシウムが日本海にも堆積し出しています

朝日新聞デジタル 社会  記事2012年9月11日11時20分


日本海側海底から放射性セシウム 新潟・信濃川河口

d0231842_624745.jpg近畿大の山崎秀夫教授(環境解析学)らは昨年8月に信濃川の大河津分水河口付近の新潟県長岡市の海岸で水深15メートル、20メートル、30メートルの海底の土を取り、深さ1センチごとの濃度を調べた。

 水深30メートル地点では海底面から深さ2~3センチの濃度が最も高く、乾燥重量1キロあたり約460ベクレル。大気圏内核実験などによる過去の汚染の数十倍の濃度で、昨年8月に東京湾の荒川河口付近で採取した海底土も同様に最大400ベクレル台だった。


続きを読む
[PR]
by silverfountain | 2012-12-07 06:28 | 放射能被ばく予防&ケア

『ママレボ(Moms' Revolution)― 第3号」の紹介

ママレボ3号(最新版)のデジタル版、ダウンロードはこちらから。
http://www.dlmarket.jp/product_info.php/products_id/211609

d0231842_22342859.jpg

Contents

Interview after 3.11 ❖滝田はるなさん
避難する人も、とどまる人も、子どもを守りたい気持ちは同じ

特集1 
海の放射能汚染と、それに向き合う人々

特集2
不信だらけの甲状腺検査
結節の見落とし、あってもいいの?

この人に聞く❖岡山博さん (仙台赤十字病院呼吸器内科/東北大学臨床教授)
日本社会に深く広がる“同調圧力”を打ち破れ~医師の間で「放射能」はタブー!?~

教えて! ママレボ博士
原発が止まると電気が足りなくなるってほんとう?

みんなの取り組み地域の活動 18
那須塩原放射能から子どもを守る会❖代表手塚真子さん

あなたの町の市民測定所 シリーズ①
東京都荒川区日暮里放射能測定所「にっこり館」 ❖館主 関井守さん

今、わたしたちにできること
小さなことからコツコツと!「ママたちのエネルギーレボリューション」編

放射能に負けないレシピ
呼吸器にやさしい簡単れんこんレシピ3種

みんなの声

イベント情報

ネットワーク団体一覧

ちょっとほっこり


もとの記事
[PR]
by silverfountain | 2012-11-20 22:42 | 放射能被ばく予防&ケア

『週間金曜日』 にも放射能特集が

「週刊金曜日」10/26号は、
世田谷こども守る会・共同代表のマダムトモコ が 見開き2頁に渡り紹介されています。

ギネス

世田谷こどもを守る会URL

d0231842_2211788.jpg



・まだまだ不安!放射能と学校給食
・子どもを守れ!がんばる埼玉のママたち
・黒猫先生に聞く理想の給食検査
・厚労省日報ダイジェストを発信しつづけるマダムトモコ
・対談 湯浅誠 × 中島岳志 「おもろい社会をカタチにする」ために

ほか
[PR]
by silverfountain | 2012-10-28 22:12 | 放射能被ばく予防&ケア

鎌仲ひとみ監督最新作 『内部ひばくを生き抜く』調布で上映会

d0231842_741619.jpg


「内部ひばくを生き抜く」
鎌仲ひとみ監督・最新作、上映会のお知らせ

日時:823日(木)2:00~4:00

会場:西部公民館(調布)






主催: 「調布ドキュメンタリー映画くらぶ」
* ”優れたドキュメンタリー映画は社会を映す”のテーマで西部公民館主催し3月終了、
   その後*「調布ドキュメンタリーくらぶ」*名 で、これからもいいドキュメンタリー映画に
   出会いながら、情報交換の場にもしていこうと10数人で活動を始めたサークルです。

   毎月第4木曜日 午後2時~4時が定例活動日です。

[PR]
by silverfountain | 2012-08-22 07:46 | 放射能被ばく予防&ケア

セシウムは半減するのに本当に25年以上かかる


[PR]
by silverfountain | 2012-06-17 16:09 | 放射能被ばく予防&ケア