カテゴリ:放射能被ばく予防&ケア( 80 )

テレメンタリー2012 「3.11を忘れない 針路なき除染」

寄せられました。

http://www.dailymotion.com/video/xnr2ni_yyyyyyy2012-y-yyyyyyy-yyyyyy_news#rel-page-4

子どもの家 そらまめ の園長先生も映ってます。
[PR]
by silverfountain | 2012-01-31 00:01 | 放射能被ばく予防&ケア

八王子に市民放射能測定室 ハカルワカル広場が開室

所要時間15~30分で、一回1000円で測れるようです。
土や野菜など、検体1000cc 持ち込んで、計り、終ったら持ち帰るとのことです。

会員になると、このカレンダーの希望日をクリックするだけで申し込めます。
http://yoyaku.hachisoku.org/


d0231842_22113636.jpg




詳しくは 八王子 子どもの未来を守る会HP をご覧ください.
[PR]
by silverfountain | 2012-01-29 00:01 | 放射能被ばく予防&ケア

チェルノブイリ支援小児科医 黒部信一氏の講演

知り合いから情報が来ました 
*******

どう守る?こどもの健康  原発事故後の子育て    
   ─小児科医 黒部信一さんに聞く─ 
 d0231842_22554438.jpg
 

3・11以降、子育ての心配事リストに加わってしまった放射能汚染。
幼いほど放射線の影響を受けやすいといわれるなか、この東京でこどもたちをどう守り、なにに気をつけて生活すればいいのでしょうか。

チェルノブイリ原発事故被災地のこどもたちの支援にかかわってきた小児科医の黒部信一さんに、被曝とこどもの健康についてお話を伺い、こどもたちのために、いま大人にできることを考えます。



日時  1月29日(月)14:00〜16:30

場所  勤労福祉会館一階集会室(西武池袋線・地下鉄有楽町線 大泉学園駅南口下車 徒歩3分)

講師 黒部信一さん(医師)
資料代 500円

主催 練馬こどもを守ろう会 
申込とお問合せはメールで(savenerimacco@gmail.com)



黒部信一のブログ


◆黒部氏が代表の、
未来の福島子ども基金のサイトd0231842_22543180.gif 
[PR]
by silverfountain | 2012-01-24 22:59 | 放射能被ばく予防&ケア

「尿検査データをみんなで共有しよう」というサイト

http://www.keitousagi.com/
[PR]
by silverfountain | 2012-01-20 20:00 | 放射能被ばく予防&ケア

ドイツ人特派員の本音

独ハンデルスブラット紙東京特派員のスピーチ 「原発事故後の生活」


12月15日、ドイツの経済紙「ハンデルスブラット」に掲載された、デュッセルドルフで行われた特派員会議における東京特派員のスピーチの紹介記事:


http://d.hatena.ne.jp/eisberg/20111216/1324014227
[PR]
by silverfountain | 2012-01-19 21:41 | 放射能被ばく予防&ケア

『子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと』

野呂美加さんの著書(筑摩書房)です。 
d0231842_206372.jpg



Amazon のサイトより

内容紹介
子どもの内部被ばくの害は大人の比ではない。
子どもを守るために何をすればよいのか。
食べ物、飲み物、生活環境……具体的にアドバイス。


【目次】

●はじめに 原発賛成・反対
どんな立場の人も力を合わせて
まず子どもたちを救おう

●目の前の危険から
子どもたちを守るために、 まずできること30

 ・何を食べればいいのか
(15項目のほか、リンゴペクチンや酵素ジュースの作り方レシピを紹介するコラム収録)
 ・どのように生活すればいいのか(15項目)

●子どもたちがいきていゆく 環境を整えるために、 さらに出来ること

●おわりに
[PR]
by silverfountain | 2012-01-15 00:01 | 放射能被ばく予防&ケア

『放射能に負けない体の作り方』

『内科医が教える 放射能に負けない体の作り方』  土井里紗  (光文社新書)

d0231842_19462098.jpg




◎ 概 要
放射性物質から全身の細胞を守る!
食事・生活のコツ
カギは「抗酸化」

◎ 内 容
福島第一原発の事故による放射能汚染。
次々に明るみに出る事実により、脅威は薄れるどころか、
日増しに高まっているように感じられます。
忘れてはならないのは、住み慣れた土地を離れられない私たちの戦いは、
今後何十年という単位で続くということ。
特に一般の人々がさらされているのは、内部被曝の危険です。
放射線に負けない体を作る方法はあります。
そしてそれは生活習慣病、がん、アレルギーなど、現代人の多くの病気や、
老化に負けない体を作ることにつながります。
放射線障害を含むこれらの病気には、活性酸素という体のサビが関与しており、
発症や悪化には、食や生活習慣が大きく関わるからです。
また重金属や化学物質などの有害物質を除去する方法で、
放射性物質を取り除くこともできます。
本書では、すぐに実践できる具体的な放射線対策に加え、
多くの病気対策にも通じる食事法や栄養療法、生活習慣、
デトックス(解毒)法を紹介します。

◎ 目 次
はじめに
1章 なぜ、放射線が身体を蝕むのか
2章 アンチエイジングと放射能防御の考え方は同じ
3章 これから10年、20年と正しい食事で放射線の害を予防する
4章 サプリと栄養素で放射線に負けない抗酸化力アップ!
5章 自分でできるデトックスと免疫力アップ
おわりに

◎ 著者プロフィール
土井里紗(どいりさ)
新宿・京王プラザホテル内プラザ30階クリニック副院長。
内科医。日本内科学会、日本糖尿病学会、日本抗加齢医学会所属。
栄養学、東洋医学、抗加齢医学などを取り入れた幅広い診療を行う。


Amazon のサイトより
[PR]
by silverfountain | 2012-01-14 00:01 | 放射能被ばく予防&ケア

岡山博氏(仙台赤十字病院呼吸器科医師、東北大学臨床教授)の講演録

講演「被曝をどう避けるか

d0231842_19395769.png

要旨
        講師:岡山 博
        仙台赤十字病院呼吸器科、東北大学臨床教授
        主催:放射線被曝から子どもを守る会
        日時:2011年12月17日
        ところ:仙台市医師会館ホール


http://hirookay.blog.fc2.com/blog-entry-13.html
[PR]
by silverfountain | 2012-01-13 19:15 | 放射能被ばく予防&ケア

スモルニコワ・バレンチナ女医の子どもの健康を守るお話

d0231842_1934797.jpg
●スモルニコワ・バレンチナ女医(ベラルーシ)の子どもの健康を守るお話
- 11月27日東京北区の母親との会合で - 2011.12.06


●関連記事 
http://ameblo.jp/presennsu/theme-10046185812.html


放射能防御プロジェクト 木下黄太のブログ にもありました。




この木下黄太氏が何者かも知らず、以前にも載せさせていただいていたのですが、こんな動画がありました。ちょっと不遜な感じと、この時の周囲も含めた”笑い”が不評を呼んでいるみたいですが、言っていることは十分うなづけました。マスコミを含む、この国の構造がなかなか変われない理由がよく解りました。

ついに大手メディアの人が沈黙を破り爆弾発言! 1 木下黄太さん
[PR]
by silverfountain | 2012-01-11 00:01 | 放射能被ばく予防&ケア

注意、 どんど焼き!

お母さんたちをつなぐブログ より

●注意・新春行事どんど焼きと松の放射線量
[PR]
by silverfountain | 2012-01-10 07:06 | 放射能被ばく予防&ケア