カテゴリ:放射能被ばく予防&ケア( 80 )

その他の情報

◆放射能防御プロジェクト 木下黄太のブログ  「福島第一原発を考えます」
放射能ガレキをとめろ!
貴方の意志を自治体や政府にぶつけて下さい。 そして、死に至る除染
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/be00d1d1d57289bde90409ca8b7a6d0f




関東⇒全国 区市町村別 給食状況一覧
NO!放射能「東京連合こども守る会」作成 平成23年10月19日版
http://tokyo-mamoru.jimdo.com


関東を中心に、全国自治体の給食に関する対応をまとめました。 (随時更新)
1.給食食材の検査状況・・・実施している、または実施予定・実施していない
2.検査機器の機種(検査実施の区市のみ)・・・詳しい機種が不明であれば、Ge半導体検出器かNalシンチレーションかだけでも
3.自治体で検査機器を購入しましたか、外注ですか(検査実施の区市のみ)
4.検査対象食材(検査実施の区市のみ)・・・牛乳のみ・食材の抜き打ち検査・給食一食のサンプル検査など。
5.検査結果の公開の有無
6.検出下限値の公開の有無(アリの場合は検出下限値も)
7.食材の産地公開の有無
8.弁当、水筒の持参許可状況
9.その他・・・各知事に宛てて、もしくは政府に対してのアクションに関するご要望があれば簡潔にご記入ください


★東京都内の給食状況一覧rev.20111019.pdf
この一覧表を印刷し、各自治体交渉などにご活用ください。






◆福島の女たちに続け!
全国緊急アクション 参加者大募集!
http://d.hatena.ne.jp/onna_suwarikomi/

[PR]
by silverfountain | 2011-10-22 04:46 | 放射能被ばく予防&ケア

文科省から除染ガイドラインが出ました

ML <八王子・放射能と子どもの生活>より


転載
*****

「福島県以外の地域における周辺より放射線量の高い箇所への文部科学省の対応について」
平成23年10月21日
文部科学省 原子力災害対策支援本部

●地方自治体が放射線量を測定する際には、本ガイドラインを参考にすること
●以下の場合、文部科学省に連絡すること
 ①周辺より放射線量の高い箇所(地表から1m高さの空間線量率が周辺より毎時1マイクロシーベルト以上高い数値が測定された箇所)を地方公共団体が発見した場合。
 ②民間団体等が周辺より放射線量の高い箇所(①と同じ)を発見したとの公表を行った場合
●可能な範囲で簡単な除染をすること(「簡単な除染」とは、側溝の泥の除去、落ち葉の回収、樹木の選定、水による洗浄、ブラッシングなど)
●簡単な除染を行った後も地表1mで毎時1マイクロを下回らなければ文科省で再計測や実地検証、除染を行う

*****

この件に関して、東京新聞からコメントを求められたので、「個人の意見」として以下のようにお話しました。

●基準が高すぎてびっくりした。東村山では0.19μSv/hで除染するとう独自基準を報道で見たばかりだったので、希望は0.2μ、高くても0.3μで除染して欲しい。地表1mのところに1日8時間いるとすると年間約2.9ミリシーベルトとなり国の基準1ミリを超えている。しかも、子どもたちは感受性が大人の数倍というのでこの基準はやっぱり高すぎると感じる。
●「簡易な除染」の後、枯葉を燃やしたりして拡散しないか心配。
●土壌分析が必要。このまえの北野台の公園でも、地表5cmで空間放射線量0.38μSv/hの時にセシウム合計8,000ベクレル程度あった。しかも、地表1mくらいになると空間放射線量は周りとほぼ変わらない。マイクロホットスポットとは本当に局所的だと感じた。地表1mで1マイクロシーベルトを下回っても、実際の土壌汚染はけっこうある。それに、横浜のストロンチウムの件もあるので、土壌検査をして核種を分析して欲しい。

「保護者を中心とした八王子市民の会の代表の1人として活動しているさんの個人的な意見」と言う風に紹介されるようですが、「個人的な」というのは省かれやすいそうです。。。
どんな風に掲載されるのかすごく緊張するので出来ればコメントしたくなかったのですが、東京新聞は24日(月)の市との話し合いの後の記者会見にも来てくれるそうなので協力しておいた、と言う次第です。

*****

にしても、24日(月)の市との交渉直前というこのガイドラインの発表、タイミングが悪すぎます。





*****
[PR]
by silverfountain | 2011-10-22 03:45 | 放射能被ばく予防&ケア

ニュースにだまされるな10/1(土)「放射能と食品、除染の対応は」

朝日ニュースターの番組出演の児玉龍彦氏の談

http://www.youtube.com/watch?v=d0u_rQzWdL8

d0231842_2311656.jpgゲスト:児玉龍彦(東京大学先端科学技術研究センター教授)
安田節子(食政策センターVision21 代表)


7パートに分かれていますが、具体的対策も科学的に説得力のあるものです。是非ご覧ください。
[PR]
by silverfountain | 2011-10-21 02:33 | 放射能被ばく予防&ケア

ベラルーシで医療活動したことのある松本市長の講演

2011.10.16
【観てほしい動画】
長野県松本市長 菅谷昭氏
『チェルノブイリから学ぶこと』子どもたちを放射能から守るために

d0231842_22153877.jpg

http://savechild.net/archives/10431.html
[PR]
by silverfountain | 2011-10-16 22:10 | 放射能被ばく予防&ケア

調布にも発足した<放射能から子どもを守る調布の会>

放射能から子ども未来を守る調布の会(CCPC)
Chofu Committee for Protection of children’s future against Radioactivity
http://d.hatena.ne.jp/CfofuCPC/

が発足したとのことです。

以下、今後の活動情報


■第6回例会
日時 2011年10月 9日(日) 
    10:00~12:00時
場所 調布市市民プラザあくろす(国領駅北口)2階 市民活動支援センター はばたき(奥中央のテーブル) 
   
議題 第2弾「要望書」、学習会準備状況。



第7回例会
日時 2011年10月23日(日)
    13:30~16:00時
場所 調布市市民プラザあくろす(国領駅北口)2階 市民活動支援センター はばたき(奥中央のテーブル) 

* 例会開始30分前から、代表の山田が個別の質問に答えられる範囲でお答えします。
* お子様連れでも大丈夫です。玩具やおやつ等はご持参下さい。

[PR]
by silverfountain | 2011-10-08 10:09 | 放射能被ばく予防&ケア

アースダイアログ ~子どもと未来について語ろう~

2011年9月24日 アースダイアログ 
第一回「子どもたちを放射能から守るために、今必要なこと」

第1部 上田昌文さん(NPO法人市民科学研究所)
「放射能・内部被曝のリスクに向き合う」
上田昌文(NPO法人市民科学研究室)http://www.csij.org/

USTREAM 動画  http://www.ustream.tv/recorded/17471194



●自然育児友の会のサイトより
アースダイアログ   ~子どもと未来について語ろう~

第一回 「子どもたちを放射能から守るために、今必要なこと」

3.11後、子どもたちを放射能から守りたいと全国から次々と集まった人々が
立ち上げた「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク」。
今年7月にキックオフしてから、子どもたちのための様々なプロジェクトが
立ち上がり活動を広げています。

その全国ネットと、震災直後に「アースデイ東京タワー」というボランティア団体を
立ち上げ、被災地の支援を行なってきたアースデイ東京実行委員会が、
「アースダイアローグ ~子どもと未来について語ろう~」(全七回)を開催します。

その第一回目として、9月24日(土)に、
「子どもたちを放射能から守るために、今必要なこと」
を開催いたします。(現時点で一回目は終了していますが・・・)

当日の内容は、トークショー、ダイアローグ(対話)を重ねる
中身の濃いものとなりました。
今知りたいこと、話したいことをみんなでシェアして、
次のアクションへとつなげていきましょう。
ご参加をお待ちしております。




●9月24日(土) 17:30~21:00 (開場 17:00)

■第一部 お話(17:30~18:00)
「放射能・内部被曝のリスクに向き合う」
上田昌文(NPO法人市民科学研究室)

■第二部 トークショー(18:10~19:00)
上田昌文(NPO法人市民科学研究室)
佐藤昌紀(NPO法人ポラン広場東京)
いとうえみこ(絵本作家・子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク)
こうちあきお(アースデイ東京)

■第三部 アースダイアローグ(19:15~21:00)
地球についての対話、それがアースダイアログです。
第一部・第二部で感じたことを、ぜひ言葉にしてください。
そして行動につなげましょう!



参加費: 1500円
※ワンドリンク付きです。また会場では、
通常のCafe Slowのお食事他のメニューもご用意していますので、
カフェ気分で対話をお楽しみください。


定 員: 60名
会 場: 国分寺カフェスロー
http://www.cafeslow.com/


共催:子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク 
    アースデイ東京実行委員会
協力:自然育児友の会・カフェ・スロー
地球環境基金助成事業



このトークイベントは、
来年の地球サミット2012(リオ+20)に向け、
3.11後の日本からの声を届けることを目的に
以下の予定で、来年3月まで月一回のペースで開催されます。
ここでの対話のエッセンスは、Japan Voice として
リオ+20に送られる予定です。

・地球サミット2012Japan
地球サミット2012 Japan --EarthSummit2012 Japan--

・Earth Daialog
Earth Dialog 地球について対話しよう




◆「アースダイアログ ~子どもと未来について語ろう~」(全7回)

第一回 「子どもたちを放射能から守るために、今必要なこと」
9月24日(17:30~21:00)

第二回 映画 「セバンの地球の直し方」
10月30日(18:00~21:30)

第三回 「3.11後の子どもの食を守る」
こどもみらい測定所キックオフ!
11月26日(11:30~15:30)

第四回 チャリティ・パーティ(予定)
12月17日(17:30~21:00)

第五回 「新しい自然エネルギーの話」
1月14日(11:30~15:30)

第六回 「未来の教育へ」
2月11日(11:30~15:30)

第七回 「子どもたちの声を届けよう」
3月10日(11:30~15:30)



*******

2回目以降の申込みはこちら
http://shizen-ikuji.jp/content
[PR]
by silverfountain | 2011-10-08 10:00 | 放射能被ばく予防&ケア

八王子のママたち主体の ML <放射能と子どもの生活>の情報より

科学的根拠に基づく食情報を提供する消費者団体
FOOCOM.NET
Food Communication Compass
給食の放射能調査は妥当か?




この記事も読み応えありました
●「不検出」なのに、放射能抜き指南?




●放射能と子どものことが気になる保護者たちのメーリングリスト
「放射能と子どもの生活」
join-for-all-children.vskp@ml.freeml.com  

(空メールを送ると参加できます)
[PR]
by silverfountain | 2011-10-05 04:52 | 放射能被ばく予防&ケア

どんどん風化する市民意識・・・、どんどん顕在化する痛い事実

YouTube 【拡散希望】92歳被曝医師・肥田舜太郎さんが語る『真実の原子力』

事故1ヵ月後くらいのおはなしですが、もう一度聴きましょう。






●昨夜、ニュースで肥田さんが横浜の母親たちに呼ばれて話す様子を見ました。
「これが特効薬、これをすれば大丈夫!という対策は残念ながらありません」
 
「子どもの基礎体力をつけて、免疫力を高めるしかありません」 

と語ってらっしゃいました。印象的でした。





でも、3.11 Nippon のこの出来事は、確実に世界にインパクトを与え、原発建設にブレーキをかけています。

動く人は動き、伝える人は伝え、行動を起こしています。

さあ、私たちはどう行動するか?
[PR]
by silverfountain | 2011-10-01 08:00 | 放射能被ばく予防&ケア

私にとっての今日のニュース

【これは必読!】食材の放射線被曝における
学校給食改善の為の提案書
  


PDF資料をダウンロードして是非、自分の子どもの学校にも働きかけを!
学校だけでなく、幼稚園でも。。。




福島・飯舘村でプルトニウム検出 原発から45キロ飛散も
[PR]
by silverfountain | 2011-10-01 00:16 | 放射能被ばく予防&ケア

忙しい毎日ですが・・・

子供を守ろう
http://savechild.net/




*******

載せるのが遅くなりましたが、以下は『いずみの小人』クラスのママから回ってきたものです。
(コメントを送る締切りは過ぎていますが・・・)


ひさの




・・・

2011年8月27日

 「子ども達を放射能から守る福島ネットワーク」の方からMLで来ました。


私も良くわからないですが、暫定基準値では全ての食品で同じです。毎日、毎食?食べるお米(小麦)と週に何回?食べる牛肉と同じ基準です。ネット等で見れると思いますが、あのチェルノブイリの事故後の基準値よりも高いです。
色々な考えがあるにしろ、基準が高すぎるし、子ども達も同等でいいのか考えさせられます。



以下、転送文ですが、もしお時間や思うところがありましたら宜しくお願いします。

何も言わないよりは伝えた方がいいと思うのですが…。ちなみに私も今朝もらったので、まだ投稿していませんが…



☆☆☆☆


以下、外部被爆の50万倍の影響と言われる内部被爆に関わる重大な決定事になりますので、拡散、コメントをよろしくお願いいたします。

*********
今日夕方5時までです!
「食品安全基準についてパブリックコメントを送ろう!」
殺人級な日本の暫定基準を下げるために、こちらに意見を送って下さい。
http://bit.ly/ogz16r

なんと、300通しか届いてないそうです。
ブログ、ツイッター、各所属MLなどに投げかけて下さい!


今の暫定基準がどれだけ怖いかは、こちらをご参照。

「世界も驚く日本の基準値2000ベクレル」

http://t.co/BNI05Pp




M.H. より
**
[PR]
by silverfountain | 2011-08-29 06:37 | 放射能被ばく予防&ケア