カテゴリ:<原子力発電>を問う( 124 )

大飯原発再稼働決定の撤回を求める署名をしましょう

アクセスしてすぐにネット署名できますので、一人でも多くの人に呼びかけください!
d0231842_6452548.jpg

【署名】大飯原発3・4号機再稼働決定の撤回を求めます



◆http://stop-ohi-nuclear.jimdo.com/

◆署名フォーム


内閣総理大臣    野田 佳彦 殿
経済産業大臣    枝野 幸男 殿
内閣官房長官    藤村 修   殿
原発事故担当大臣 細野 豪志 殿

 今、政府に求められているのは、人々の不安を解消するために「脱原発依存」の実現に向けた長期的エネルギー対策の基本的な方針を示し、増え続ける使用済み核燃料の処理についての明確な道筋を明らかにしながら、すべての人々の理解を得るための法的なプロセスを確立することです。

 同時に、福島第一原発事故の知見を踏まえた、専門家の中立的な意見による新しい規制基準(安全基準)を作成し、それに基づく対策を早期に実施することです。そのいずれもがなおざりのままで、独断専行の政治判断によって、期限も示さずに、大飯原発3・4 号機を再稼働させるという決定に、私たちは納得できません。

 「被害地元」に暮らす私たちは、大飯原発3号・4号機を再稼働させるという決定を撤回するよう求めます。

■署名集約
第一次:6月30日 第二次:7月13日

■署名集約先
〒606-8203 京都市左京区田中関田町22-75-103
「大飯原発3.4号機の再稼働に反対する京都府・滋賀県住民有志」宛
TEL&FAX 075-822-5035
HP http://stop-ohi-nuclear.jimdo.com/

■個人情報の取り扱いについて
ご入力頂いた情報は責任を持って管理し、要望書提出以外の目的に使用致しません。

※郵便番号はハイフンを入れないで入力してください。
※海外の方は、郵便番号の欄に9999999を入れてお送り下さい。
[PR]
by silverfountain | 2012-07-10 06:54 | <原子力発電>を問う

UA、根元きこさんらのミュージカル仕立てプロテストソング



YouTube の説明
ティダノワ てぃだのわ さんが 2012/05/14 に公開

「やんばるのおかあさんたちが歌う想い。

いまこのときに、『誠』の心にしたがい、命紡がれるようにと行動をするならば、その思いは叶って、永遠に栄えていく事へとつながっていくでしょう。(中心が『真』であるな­らば、美しくその波はひろがりつづけるが、そうでないものは、とだえてしまう。)

為せば何でも成し遂げられるのだけど、決断しなければはじまらない。どうか、勇気を出して、命をつむぐための行動をおこして、事を成してくださいませ。新しい時代をうみだ­してくださいませ。

全ての人の心には、うつくしい可能性の魂があるけれども、みつけだして磨くのは自分次第。どうか、魂から目をそらさずに、大切にそだててください。朝な夕なに、その魂を磨­いて、手と手をとりあって、しっかりと現世をいきぬいてください。」

[PR]
by silverfountain | 2012-07-09 07:56 | <原子力発電>を問う

あじさい革命






























映画 "Nuclear Nation" (ニュークリア・ネイション)は原発事故後の福島県双葉町民の避難生活を追ったドキュメンタリー映画.

舩橋淳監督(ドキュメンタリー ジャパン).ドイツ・ベルリン国際映画祭正式招待作品.

公式HP
[PR]
by silverfountain | 2012-07-08 20:48 | <原子力発電>を問う

NO NUKES 2012!坂本龍一らミュージシャンらの音楽フェス

今現在、2012年7月8日20:48
もうすぐYMOが出演!
三人のうち、二人はもう還暦


2012年7月7日(土)・8日(日)の2日間、坂本龍一の呼びかけにより開催される音楽フェス「NO NUKES 2012」に、全世界から参加できるよう、会場である千葉・幕張メッセ国際展示場よりインターネット中継することを決定しました。「NO NUKES 2012」は、東日本大震災の発生および福島第一原子力発電所の事故から1年を経たことを受け、音楽の力で脱原発を訴えたいという思いから立ち上げられた音楽フェスティバルです。2日間で延べ18組のアーティストの出演が予定されており、このイベントの収益は、脱原発運動「さようなら原発1000万人アクション」の中心である、「『さようなら原発』一千万人署名市民の会」に全額寄付されます。コンサートの模様を全世界に向けてネット配信することによって、少しでも多くの人々の関心がこの活動に集まることを目的としています。中継では、一部の出演アーティストによるステージ上のライブ中継はもちろん、インターネット中継専用の特設会場からのスペシャルトーク、様々なNPOなどの出展ブースのレポート、原子力や放射線の知識を身につけることのできるビデオ上映などの、インターネット中継だけのオリジナルコンテンツの配信も予定しています。この中継は、坂本龍一と有志らによる「サカモト・ソーシャル・プロジェクト」名義で行われます。坂本龍一は、「このフェスの会場に足を運べない方々に向けて、会場からリアルタイムでメッセージを発信します。私たちの未来をみんなで一緒に考える2日間にしたい。ぜひ楽しんで参加してください。またこの中継では、中継をご覧になっている全世界の方々と一緒になって次のアクションへとつなげていく企画も考えています。中継を<観る>だけではなく、ぜひ<参加>して欲しいと思っています。」€と語っています。

http://nonukes2012.jp/ustream


●配信予定
7月7日(土)
12:00~ (ネット限定番組[1]:skmts恒例・設営UST)
13:05~ アナログフィッシュ
13:45~ (ネット限定番組[2]:坂本龍一・ライブトーク)
14:10~ ソウル・フラワー・ユニオン
14:50~ (ネット限定番組[3]:会場レポート&ビデオ上映)
15:15~ 元ちとせ
15:55~ (ネット限定番組[4]:会場レポート&ビデオ上映)
16:20~ HIFANA
17:00~ (ネット限定番組[5]:会場レポート&ビデオ上映)
17:25~ 難波章浩-AKIHIRO NAMBA-
18:05~ (ネット限定番組[6]:会場レポート&ビデオ上映)
19:35~ YMO + 小山田圭吾 + 高田漣 + 権藤知彦
20:15~ (ネット限定番組[7]:会場レポート&ビデオ上映)

7月8日(日)
13:30~ (ネット限定番組[1]:坂本龍一・ライブトーク)
14:15~ (ネット限定番組[2]:会場レポート&ビデオ上映)
15:15~ 七尾旅人 + 大友良英 + 坂本龍一 + ユザーン
15:55~ (ネット限定番組[3]:会場レポート&ビデオ上映)
16:20~ ACIDMAN
17:00~ (ネット限定番組[4]:会場レポート&ビデオ上映)
17:25~ NO NUKES 2012 忌野清志郎スペシャルセッション 仲井戸麗市BAND+トータス松本+坂本龍一
18:10~ (ネット限定番組[5]:会場レポート&ビデオ上映)
18:35~ 山崎まさよし
19:15~ (ネット限定番組[6]:会場レポート&ビデオ上映)
20:45~ YMO + 小山田圭吾 + 高田漣 + 権藤知彦
公演終了後 (ネット限定番組[7]:skmts恒例・撤収UST)


http://www.ustream.tv/channel/nonukes-fes
[PR]
by silverfountain | 2012-07-07 22:05 | <原子力発電>を問う

KYODO NEWS より

世界の原発発電量ピーク越えか フクシマ機に減少方向

2012年6月19日 17時13分
【ワシントン共同】世界の原発による発電量は既にピークを越え、減少に転じた可能性があると分析した報告書を、米環境シンクタンク「アースポリシー研究所」が19日までにまとめた。中国やインドでの建設ラッシュという増加要因はあるものの、昨年の東京電力福島第1原発事故を機に脱原発に踏み切った国もあり、老朽化で廃炉を迫られる原発が増えるなど、減少へ向かう流れの方が強いという。
[PR]
by silverfountain | 2012-06-21 00:01 | <原子力発電>を問う

【傍聴アクション4】6/18総務委員会 採決 報告

d0231842_7165391.jpg

◆詳しい報告は
こちらのサイトに書かれていますので是非、是非ご覧になって、ご自分の取れるアクションを今からでも遅くありません。どうぞ一歩を踏み出してください。



私たちの命、国家の存亡、自然・生きもの・地球に対する責任 を私たちはどう考えるのか?ここでしっかり自分の立ち居地、とるべきアクションを起こしたい!

あとできることは、都議会を傍聴に行くこと反対議員の事務所に電話やメールで 脱原発の関心度を聴いたり、応援している旨を告げる ことです。


↓ 8:00くらいからの柳浦あきらさん(中野区在住、35歳、3歳の娘あり)の意見陳述にご注目。発起人の宮台真司氏の陳述もあります。

[PR]
by silverfountain | 2012-06-19 08:18 | <原子力発電>を問う

今日、都議会<総務委員会>の傍聴に行ってきました

脱原発のサイトの予測にあったようにやっぱり
「東京電力管内の原子力発電所の稼働に関する東京都民投票条例」
7 対 8 で否決されました!くやしい~!!


東京都議会<総務委員会>議員

○賛成
吉田康一郎(民主)
吉田信夫(共産)
和田宗春(民主)
大西さとる(民主)
佐藤由美(民主)
星ひろ子(生活者ネット)
しのづか元(民主)



●反対
吉倉正美(公明)
中屋文孝(自民)
服部ゆくお(自民)
伊藤興一(公明)
三宅茂樹(自民)
栗林のり子(公明)
田島和明(自民)
吉原修(自民)




*******

傍聴に行くには行ったのですが、1時開始で12時から傍聴券配布。
12時に着いたときにはもう、人がたくさん並んでいて、当初用意されていた
傍聴席は20席。本会議と違い、委員会は小さい部屋で行なわれるため、
傍聴者席が足りず32席を増やしてはくれたものの、あともう20人くらいはせっか
く足を運んだのに中に入るのはおろか、モニターで見ることも、音声を聴くことさえできない都議会庁舎内のお粗末な設備というか制度でした。

入れなかった人(私も含み)は、守衛の方や都議会事務局の方を
相手にどうしたら入れてもらえるのか?審議内容を聴くことだけでもできないのか
質問や意見や思いを表明しましたが、そこは制度にがんじがらめになっているお役人。
融通を利かせようとも思わないようで・・・・・

「そういう規則になっていますので・・・」の一点張り。

私たちはもっと利口になって、都議会のこういう体質も含め
議員を選出しなければならないということを痛切に思い知らされた、
いい勉強になりました。




さあ、みなさん、来年の都議会議員選挙、誰に一票を投じますか?

私は上記8人の反対した自民・公明の委員はとにかくご免だと認識しました。

今日、傍聴に入ったPressの人は「来年は絶対にこの8人を落とす!」と豪語していました。



さて、20日(水)は本会議で最終決議。この日は186人が傍聴できます。
どうなるのか見届けたいものです。

自民・公明のみなさん、自分の子どもや孫を守りたくないのでしょうか?
この点がとても不思議でなりません。(そこまで危険を認識していない?勉強不足?)

たとえ、否決されたとしても、行程を見守り、今後どうするかの手立てとしたい。
後世に何をどうバトンタッチしていくのか、自分で決めたい!!!

入れなかった20人の中に神戸からいらしていた若い女性もいました。
彼女からは全国版国民投票署名のパンフレットと6月23日にある菅直人との公開討論会のちらしをもらいました。(あとでまた記事にします)


d0231842_1643353.jpg
http://kokumintohyo.com/
[PR]
by silverfountain | 2012-06-18 16:26 | <原子力発電>を問う

6月17日 ロシア語コンクールの前座で歌います ♪

ザマナイ~時代よ!~ (Заман-ай 日本語版 )




YouTube の説明より
1000thVoiceOfEarthさんが 2012/04/07 に公開

旧ソヴィエト支配下のカザフスタンにおいて、日本の四国ほどもある核実験場で、40年間に亘り500回近い核実験が秘密裏に行われてきた。チェルノブイリを遥かに凌ぐ大量­の放射性物質が環境に放出され、120万人とも言われる周辺住民が被曝し、苦しむこととなった。

癌、白血病、心臓病...他にも様々な病気や障害児出生率の増加、若年での死亡率の増加、そして自殺率の増加。

ペレストロイカを機にカザフスタン全土で200万人が抗議運動に参加。「ザマナイ」はこの運動と共に歌われ、多くの人々に勇気を与えた。

1989年、セミパラチンスク核実験場を閉鎖させることに成功したが、周辺住民の苦しみは今日も続いている。

人類は、核と共存することはできない。








********
他にも2曲歌う うちの一曲
♪ エフ・ダローギ(おお道よ) 
コーラス版は重厚なのですが、↑ はギターでさわやか版

[PR]
by silverfountain | 2012-06-12 02:54 | <原子力発電>を問う

『シェーナウの想い』 調布でも上映会

d0231842_23255195.jpg
 
日時: 2012年6月10日(日) 10:30~13:00

場所: 調布市文化会館たづくり8階映像シアター

内容:
チェルノブイリ原発事故により深刻な放射能汚染を経験したドイツは、福島第一原発事故にも鋭敏に反応し、2022年までに原発をゼロにすることを決定しましたが、そこにいたるまでには、広範で活発な市民の運動がありました。この映画はドイツ南西部、「黒い森」とよばれる地方の人口2500人の小さな町、シェーナウの市民たちが、子どもたちに放射能のない環境を残したいという願いから、自分たちで電力会社を設立するまでを描いたドキュメンタリーです。



■出演者■
すぐろ奈緒 (緑の未来共同代表)

■プロフィール■
すぐろ奈緒さんは、今年1月、ドイツでの脱原発の取り組みをつぶさに視察、チュービンゲンやシュトゥットガルトでは緑の党の市長さんたちとも話し合ってきました。
ドイツの市民たちから何を学ぶか。
すぐろさんといっしょに考えましょう!



参加費: 300円(資料代)

定員: 100人(先着)

備考: 保育あり
 (希望者は6月3日までに申し込んでください)



主催:調布市公民館文化会館たづくり利用者会議
問い合わせ先: 石川 042-487-7710
企画:多摩女性学研究会 運営:ハート・ふぇーる・コミネット実行委員会
[PR]
by silverfountain | 2012-06-02 23:28 | <原子力発電>を問う

ドキュメンタリー 『真実はどこに?-WHO とIAEA 放射能汚染を巡って』 




YouTube サイトの説明より ↓

『真実はどこに? - WHOとIAEA 放射能汚染を巡って』
-(原題:Controverses Nucléaires)


WHO世界保健機関と IAEA国際原子力機関が共同で開催した、2001年キエフ国際会議の模様を捉えた、とても貴重なドキュメンタリーです。
特に福島の原発事故以来、私たち も避けて通れなくなった内部被曝の実態や、その証拠がどのように隠されてきたかを目の当たりにすることが出来ます。

ウラディミール・チェルトコフ(Wladimir Tchertkoff)監督、エマヌエラ・アンドレオリ、
ロ マーノ・カヴァッゾニ助監督作品
フェルダ・フィルム、2004年、51分


日本語版制作 Echo Echanges France、りんご野
字幕翻訳 藤原かすみ、藤本智子、辻俊子、コリン・コバヤシ
字幕・ナレーション制作 岩城知子 
ナレーション 東陽子


◆こちらに文字起こしが
http://www.savechildrengunma.com/truth/whoiaea/
[PR]
by silverfountain | 2012-06-02 05:35 | <原子力発電>を問う