カテゴリ:再生・サステイナビリティ( 75 )

友人の郡山昌也氏、頑張っています

今年7月に発足した日本の <緑の党>Greens Japanの国際局長を務める郡山氏。
ハノーバーのドイツ緑の党の全国大会に次ぎ、ボンでは、別に理事を務めるIFOAM
(International Federaiton of Organic Agriculture Movements)の
The Sustanability Camp に参加。

以下、
http://greens.gr.jp/event-info/4067/ より 転載 :

【報告】ドイツ緑の党大会に参加―長谷川羽衣子共同代表のスピーチに大きな拍手
2012/11/21
11月16日~18日にかけて、ドイツのハノーバーで開催されたドイツ緑の党全国大会に招待され、共同代表の長谷川羽衣子、運営委員長の漢人明子、国際局長の郡山昌也の3人が参加。最終日の長谷川代表のスピーチは、大きな暖かい拍手で迎えられました。




郡山氏も最後の拍手の時に写っています☆
[PR]
by silverfountain | 2012-12-05 22:10 | 再生・サステイナビリティ

「市民が育てる自然エネルギー先進地・飯田市をたずねよう」参加者募集!!

d0231842_22413354.jpg
 
長野県飯田市は、市民と行政、NPOから生まれた事業者の連携により、太陽光発電を中心とした自然エネルギーの地産地消を試み、発展している日本の先進地域です。

9月から八王子市民講座が開催している「めざせ!八王子市民発電」の連続講座では、前回、その牽引者である原亮弘さん(お日さまエネルギー進歩㈱取締役)を講師にお迎えして、飯田市での経緯や、太陽光発電事業の可能性などについてうかがいました。最初はある私立幼稚園の屋根借りから始まった事業が、しだいに公共施設や町のさまざまな場所にソーラーパネルをのせて発電所を拡げ、市民の出資や地元金融機関の協力その他によって、お日さまエネルギー事業が展開・成功してきたそうです。


八王子から、実際の様子を見に行ってみよう!ということで、下記の市民ツアーをよびかけます。ぜひ、ご一緒に飯田市をたずねてみませんか? 

地元のNPOと交流し、化石燃料ゼロハウスの宿泊、あったかい温泉、そして長野のおいしい地酒やお料理も味わって来たいと思います。お友達やご家族、お誘い合わせ歓迎です。



◎日程:12月7日(金)~8日(土)、1泊2日

 7日朝八王子出発、長野県飯田市へ。人数によりワゴン車またはマイクロバス。

 8日夕方八王子着(現地集合、現地解散も受け付けます。ちょうどこの週末は夜通し行なわれる「霜月まつり」もあるそうです)



◎最低催行人数:8人(定員20名まで)



◎およそのスケジュール

金曜朝8時ごろ出発~(高速バスだと日野発3時間半とされています)~昼ごろ飯田市着

午後見学①エコカフェいいだ(おひさま進歩㈱含む)レクチャーと見学

夕方、日帰り温泉後、「NPO法人いいだ自然エネルギーネット山法師」と交流会

Aコース:風の学舎(化石燃料ゼロハウス)宿泊

Bコース:交流会後、一般宿に移動して宿泊

土曜朝~風の学舎集合

午前見学②NPO山法師のレクチャー、りんご並木など見学

午後、八王子へ向けて帰る(希望者はオプション企画または現地解散)



◎見学の内容

 エコカフェいいだ(飯田市地球温暖化対策地域協議会)が視察の窓口:猪口さん

・おひさま進歩エネルギー㈱   

・NPO法人南信州おひさま進歩 のいずれか

・発電設備(市民の家や公共物の設備―市内253か所、1600kw)

・風の学舎(レクチャー、化石燃料ゼロハウスの見学・説明:平澤さん)



◎およその費用 

 視察・レクチャー費用 1人3500円程度(団体料金と資料代込み)

 宿泊費 3000円程度(風の学舎、ふとん代1360円)

 夕食交流会+朝食費 3500円程度(夕食付交流会2500円、朝食500円ほか)

 交通費 数千円(レンタカーと高速・ガソリン代を頭割りします、人数により異なります)

 昼食・日帰り温泉・おやつや酒代等は自前でお願いします。持ちこみOK。Bコース宿泊費も含まず。



○費用の内訳

・エコカフェいいだ視察 15名まで1万円(1団体)と1人2000円×人数、16人以上は団体料金が13000円となる。

・風の学舎レクチャー 2000円(1団体)と1人500円目安

・交通費:レンタカーの場合は参加者でレンタル費用、高速道路、ガソリン代等を頭割りする。人数により費用が異なるが、一般高速バス&タクシーよりは安価。現地移動に公共交通(バス)などはないとのこと。

・宿泊費:風の学舎(化石燃料ゼロハウス)の宿泊は、平日だと3人まで8000円、4人以上は1人目から1人あたり2000円。寝具はリースで1セット1360円。寝袋持参なら借りずに済む。男女別の大部屋です。朝食自炊、薪ストーブ&いろりです。

http://yamabousi.net/100kazenomanabiya/100kazenomanabiya.html



・風の学舎から比較的近い温泉宿の宿泊も可。宿に応じて自費でお願いします。翌朝、朝食を済ませて、風の学舎集合。休養を兼ねゆっくり過ごしたい方、乳幼児連れ、ご家族連れもどうぞ。現地集合・現地解散の場合は、7日午後飯田市役所集合、8日朝風の学舎集合で、視察やレクチャーのプログラム、交流会に参加できますので、お申し出下さい。



◎申込&問合せ

子どもたちの未来と自然エネルギーを考える八王子市民講座
[PR]
by silverfountain | 2012-10-28 22:55 | 再生・サステイナビリティ

映画 『フード・インク』  &  『ありあまるごちそう』  予告編





1026日(金)
―話題の映画 『フード・インク』 上映会―

~その食べ物、どこから来たの?~

「私たちが口にしている食べ物には危ない秘密があっ た!」
体にいいオーガニック・フードと、スーパーに並ぶお手頃価格の”フード”。
同じ野菜や肉にも関わらず価格にこれ程差があるのはなぜなのか?
この映画を通し、私たちの身近な「食」について一緒に考えてみませんか?


【昼の部】
◆会場:南大沢文化会館・交流ホール
11:00 開場
11:30 スタート
13:15 上映終了
みんなでしゃべろう「みんなで考えよう食の安全」
話題提供者
*佐藤瑞恵さん
(管理栄養士。長年、八王子市の学校給食に携わる。
 現在は、小学生向けの食育活動など「食」の大切さを広く啓発中。)
*若林裕子さん(多摩南生活クラブ生協 副理事長)
14:30 終了
<託児あります。要予約 申し込み期限10月19日>

【夜の部】
◆会場:クリエイトホール・11階 視聴覚室
18:30 開場
19:00 スタート
21:00 終了
<当日券はありませんので、前売り券をお買い求めください。>

◆参加費 1000円

主催:生活クラブ運動グループ・八王子地域協議会

<お問い合わせ>
フードインク実行委員会(生活者ネットワーク内)
tel:042-623-8802  fax:042-627-4507
mail:hachiouji-net@nifty.com










映画『フード・インク』 2010年冬、全国順次公開
アメリカの食品産業の現状に警鐘を鳴らし、第82回アカデミー賞ドキュメンタリー長編賞にノミネートされアメリカで話題を呼んだ注目作。普段口にしている食べ物の生産過程­を追う中で、大量消費と大量生産の時代に農業や畜産業が巨大な生産工場と化した現実や、食の市場を牛耳る企業の実態を浮き彫りにする。アメリカの食事情に言葉を失うと同時­に、日本でも食品偽装問題など食の安全が問われる中、改めて食のあり方を考えさせられる一作だ。
オフィシャルサイト
http://www.cinemacafe.net/official/foodinc/
(C) Participant Media

映画『ありあまるごちそう』 2011年1月より全国順次公開
徹底した利益追求とコスト削減主義から生まれた流通のグローバル化の影響を受けた食の分野において、需要と供給のバランスを大きく崩して貧富の差が拡大している現実を追っ­たドキュメンタリー。国連で活躍する飢餓問題の第一人者ジャン・ジグレール教授をはじめ、世界最大の食品会社、最前線で働く漁師、農家、家畜業者に徹底取材を行い、飢餓が­生まれるメカニズムを白日の下にさらす。飽食の時代に警鐘を鳴らす衝撃の事実に目を疑う。
オフィシャルサイト
http://www.cinemacafe.net/official/gochisou/
(C) Allegrofilm 2005

配給:アンプラグド
[PR]
by silverfountain | 2012-10-12 20:40 | 再生・サステイナビリティ

『エンデの遺言』上映&地域通貨ゲーム in 八王子

            =====================
「エンデの遺言」上映&地域通貨ゲーム
       ~みんなが楽しく豊かに暮らす方法

            =====================

d0231842_2505216.jpg「地域通貨」、それは地域で助け合い、分かち合いを生み出し、
人と人とをつなぐツール。
1999年に放映された「エンデの遺言」は資本主義経済の
弊害を指摘しながら、世界各地で実践されている地域通貨の効用を詳しく紹介しています。
その内容は3.11を経た私たちに変化を強く促すものとなりました。



日時:1023日(火)10:30~14:30
場所:八王子市みなみ野・宇津貫緑地ログハウス
    (八王子市七国1丁目)
    最寄りのみなみ野駅から徒歩10分。駐車場有。


〇スケジュール
10:00~      受付
10:30~11:30 「エンデの遺言」上映
11:30~11:50 地域通貨ゲームの説明+休憩
11:50~12:50 地域通貨ゲーム1回戦 
12:50~13:10 ランチタイム
13:10~14:10 地域通貨ゲーム2回戦
14:10~14:30 シェアリング
15:00くらいまで、時間が許す方は交流しましょう。

会場は宇津貫緑地と池が見える、気持ちの良い場所です。
みなさんと、創造的な時間を過ごせるのを楽しみにしています。

もとのサイトの記事全部を読む
[PR]
by silverfountain | 2012-10-10 02:52 | 再生・サステイナビリティ

中国で10年間一人ごみ拾いをする日本人

2012年7月20日

d0231842_14224039.jpg
2012年7月19日、中国新聞社はこのほど、「漓江下り」で有名な観光地・広西チワン族自治区桂林市陽朔県の漓江沿いで10年以上にわたりごみ拾いをし、観光地の景観を守り続けている日本人男性について伝えた。


1996年から2000年の間、林さんは日本と陽朔県を何度も往復し、両親が残してくれた遺産1600万円を投じて、老寨山頂上までの登山路を整備した。「友好亭」と「和平亭」と名づけた展望亭を2カ所、さらに登山者のために公衆トイレも設置した。経済的に最も苦しいときには、林さん1人で働いたこともあったという。「最初ここの人は私のことを理解できず、日本人は皆悪い人間だと思っていた」と話す林さんは、今では「日中民間交流の使者」として現地の人に「林先生(リンシエンション=林さん)」と呼ばれ尊敬されている。


続きを読む
[PR]
by silverfountain | 2012-08-03 14:25 | 再生・サステイナビリティ

越後妻有 大地の芸術祭

大地の芸術祭
越後妻有アートトリエンナーレ2012

d0231842_14161492.png
会期: 2012年7月29日(日) ― 9月17日(月・祝) 51日間
開催地: 越後妻有地域 (新潟県十日町市、津南町) 760 K㎡
主催: 大地の芸術祭実行委員会
共催: NPO法人越後妻有里山協働機構


越後妻有 ECHIGO-TSUMARI ART FIELD 大地の芸術祭の里とは・・・・・


大地の芸術祭の里 コンセプト

「人間は自然に内包される」

文明が曲がり角を迎えている今、豊かな自然に包まれてある越後妻有の生活=里山は、地球環境に対する視座を見つめ直し、環境破壊をもたらした近代的パラダイムを変革するきっかけとなりうるものです。

 そこから「人間は自然に内包される」という基本理念が生まれ、この理念が、「大地の芸術祭の里」のすべてのプログラムに貫かれています。人間と自然がどう関わっていくかという可能性を示すモデル地域となることを目指して、越後妻有の地域づくりは進められています。

続きを読む
[PR]
by silverfountain | 2012-08-03 14:18 | 再生・サステイナビリティ

5月12日 "アースデイ in 調布" に出展します

d0231842_6494850.jpg
以下、サイトの情報より


期日:2012年512日(土)

時間:10:00~16:00

会場:調布市役所前広場前

    調布市文化会館たづくり8階 映像シアター

入場料:無料(映画は別途有料)






イベントテーマ:地球のなおし方

 今、私たちを取り巻く環境は激変しています。その原因の一つは、2011年3月11日に起きたあの大震災と原発事故。現在もなお、収束に至っているとは思えない現状が私たちの平穏な生活を揺るがしています。

 この厳しい現実の中でできることは、起きたことをしっかり受け止め、学び、これからに活かすことだと思うのです。そして、あらゆる世代を超えて、素直に正直に語り合うことで、過去と未来をつなぐ『希望』を見出したいのです。

 そのような思いから、今年の「アースディ in 調布」のテーマを、「地球のなおし方」としました。本イベントでは例年、市内の環境・子育て・福祉・食・まちづくり・文化交流など活発に活動する市民団体の成果発表・販売のほか、店舗の出店販売やステージでは、アーティストによるコンサートやパフォーマンスやフリーマーケットなどを予定しています。

 何かしてみたい、何かを一緒に考えていきたい。みなさんの身近にいる人たちと一緒に話し、分かち合える時間(とき)を共有していきましょう。



出店者一覧(順不同)

外遊び「まめちょ」
クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
(福)調布を耕す会
多摩南生活クラブ まち調布狛江
ちょうふ環境市民会議
環境まちづくりNPOエコメッセ
ポピーの家
留学生交流会(はなみずき)
ピナツボ復興むさしのネット ピナット
みさと屋
野川で遊ぶまちづくりの会
調布・生活者ネットワーク
カリス成城
東京にしがわ大学
原水爆禁止調布市民会議
利再来留(リサイクル)館(調布市環境部ゴミ対策課)
ちょうふ市民放射能測定室
ぎんのいずみ子ども園


アースディ in 調布 HP


☆ぎんのいずみ子ども園出展内容:

◆庭や畑、林で採れた自然の恵みで作ったおもちゃ、小物など
        
       ・じゅず玉のお手玉
       ・木切れのつみき、
       ・柳のリース、さつまいものつるのリース
       ・ワタの実
       ・藍染めのスカーフ、ハンカチ
       
◆手づくり木工おもちゃ、道具
       ・木馬(きうま)
       ・スピンドル(簡易糸つむぎ器)

◆園児の遊ぶ様子の写真
◆冊子(会報)『にじいろのたね』
◆ナチュラル、ホリスティック系の育児書の紹介


◎活動内容:

「3~6歳の子どもたちが過ごす保育施設です。
おやつや週2回の給食は手づくりです。
自然に根ざした昔ながらのおばあちゃんの知恵袋的な暮らしを取り戻し、現代の子どもを取り巻く環境を、未来に向けて健全でサステイナブルなものに転換していこうと試みています。

園舎裏の用水路跡で、生ごみや剪定枝、枯葉などで<堆肥のお山>というのを作り、子どもは築山代わりに登ったり、シャベルで掘ったり、虫を探したりして、遠出しなくても土に触れ合っています。

料理、縫い物、木工、庭仕事。幼児ですが、包丁に針、鍬にシャベル、鋸(のこぎり)も使います」





* * * * * * *



d0231842_650475.jpg


「セヴァンの地球のなおし方」公式サイト

上映時間:

     第1回目 受付開始9:30 上映10:00~12:00
     第2回目 受付開始12:30 上映13:00~15:00

入場料: 1,000円(前売・当日共通 小学生以下無料)


 1992年年環境サミットで伝説のスピーチをおこなった12歳の少女、セヴァン・スズキの現在の活動と、日本とフランスで子どもたちの未来を救うために「食」を守り続ける人々を追ったドキュメンタリー。

 1992年、リオデジャネイロでおこなわれた環境サミットでのスピーチで世界中の人の心を動かした少女は現在29歳(撮影時)となり、お腹に新しい命を宿し、カナダのハイダグアイ島で自然と共存する生活をしながら世界中の人々に向けて「危機的状況には変わりないが、今なら変化をもたらすことは可能だ」と訴え続けています。

 そんなセヴァンの声に呼応するかのように世界中でさまざまな取り組みがおこなわれています。
[PR]
by silverfountain | 2012-05-10 17:20 | 再生・サステイナビリティ

福島 「こどものいえ そらまめ」の新しいスタート

http://kodomonoie-soramame2.blogspot.jp/search?updated-min=2012-01-01
[PR]
by silverfountain | 2012-05-04 09:48 | 再生・サステイナビリティ

高知に <土佐山アカデミー> というのがあった!

環境とCSR(企業の社会的責任)のサイト 『alterna』 のメルマガより

◆ 「次の百年」を考える新しい学びの場。土佐山アカデミー、夏期プログラム受講生募集!

d0231842_456433.jpg


高知県高知市土佐山を舞台に、
100年続く持続可能な事業を創り出す人材を育成する
「土佐山アカデミー」が夏期プログラムの受講生を募集しています。
3カ月のプログラムで、持続可能性の体系を学ぶ座学から、
海や山でのフィールドワークまで幅広く展開。
土佐山に住み込みながら、これからの暮らしや社会のあり方を考え、
具体的に行動する力を育む「学びの場」です。

これからの社会や暮らしのあり方を探求し、
新しい視点やネットワークを築きたい方、
日本の自然や伝統・知恵を学びたい方はぜひご参加ください。

夏期プログラム開催期間: 2012年7月2日~9月22日

定員:15名

詳細は⇒ http://tosayamaacademy.org/top.php






Supported by 高知市 
[PR]
by silverfountain | 2012-04-29 05:00 | 再生・サステイナビリティ

今日・明日は代々木公園で Earth Day Tokyo 2012 













公式サイト
[PR]
by silverfountain | 2012-04-21 07:42 | 再生・サステイナビリティ