タグ:緑の党 ( 3 ) タグの人気記事

日本の <緑の党>漢人あきこ さんがママレボ・カフェに

d0231842_153524.jpg

ママレボ・カフェとは、ママ世代の女性たちが、社会で起こっている問題を ①「学び」、「②考え」、そして、具体的に良くするための「③アクション」を、みんなでワイワイ楽しみながら考えられる、カフェのような場です。 女性ならではのしなやかさと、前向きなパワーで「社会を良くしたい!」という思いが込められています。

◯開催概要
今回のママレボカフェは2月~6月まで月一回開催、全5回の連続講座です。
毎回三鷹~八王子の中央線沿線5カ所で、場所を変えて開催します。

************

◯第一回ママレボカフェ@小金井

タイトル:「子育て中のママたちが社会を変える!」~映画「町の政治・べんきょうするお母さん」上映会 &上原公子前国立市長の元気の出る話~

上映会、講演会、座談会の3つが一緒になった、忙しいママ達のため欲張り企画で、ざっくばらんにお話できるお菓子付きカフェタイムもある、楽しい講座です。託児もありますので、お子さまと一緒にお気軽にご参加ください★

◎日時:2013年 月 24日(日)
13:30~16:30(受付 13:15~)

◎開催場所:小金井 桜並集会所(東京都小金井市中町3丁目19−12)
http://www.enjoytokyo.jp/life/spot/l_00021863/map.html

◎講 師:上原公子さん   元東京都国立市市長
◎ゲスト:漢人あきこさん 小金井市議会議員・<緑の党>運営委員長


◎参加費 500円(資料代、お茶代)

◎持ち物 マイカップ

◎託児あります。
※1際から。1歳以下のお子さんはお母さんとご一緒に参加ください。
お子さんが会場で一緒に参加も大丈夫です。託児をお申し込みの方は、申し込みフォームにてお子様の年齢と人数をお知らせください。

   

◆詳しい情報、申込み方法などはこちら ↓
http://momsrevo.blogspot.jp
[PR]
by silverfountain | 2013-02-01 15:06 | 再生・サステイナビリティ

友人の郡山昌也氏、頑張っています

今年7月に発足した日本の <緑の党>Greens Japanの国際局長を務める郡山氏。
ハノーバーのドイツ緑の党の全国大会に次ぎ、ボンでは、別に理事を務めるIFOAM
(International Federaiton of Organic Agriculture Movements)の
The Sustanability Camp に参加。

以下、
http://greens.gr.jp/event-info/4067/ より 転載 :

【報告】ドイツ緑の党大会に参加―長谷川羽衣子共同代表のスピーチに大きな拍手
2012/11/21
11月16日~18日にかけて、ドイツのハノーバーで開催されたドイツ緑の党全国大会に招待され、共同代表の長谷川羽衣子、運営委員長の漢人明子、国際局長の郡山昌也の3人が参加。最終日の長谷川代表のスピーチは、大きな暖かい拍手で迎えられました。




郡山氏も最後の拍手の時に写っています☆
[PR]
by silverfountain | 2012-12-05 22:10 | 再生・サステイナビリティ

TBS 報道特集 : 「ドイツ メルケル首相"脱原発"の裏側」

2012年3月24日に放送


YouTube 説明 ↓

【かつて原発推進派だったメルケル氏、その考えを脱原発に決意させた背景】

ドイツ国内はずでに原子力40年戦争という激しい攻防があった
"反原発の母"マリアンネ・フリッツェンさん(87)とその運動
もう雇用は原発産業にはない 再生エネに35万人雇用
すでに環境と経済を結びつけた "安全神話"をあおるのは、犯罪行為

「みえない雲」(邦題):DIE WOLKE の紹介
チェルノブイリ後、原発事故を扱った150万部読まれた児童小説の映画化
学校教育でこの本や映画を教材に使って、地球環境の授業をしている
先進国家日本で福島原発事故が起きた事実、ドイツ人には破壊的衝撃
"これで終わった" メルケル氏、 3/26にはドイツ史上最大の反原発デモ
メルケル首相、正式にドイツは脱原発国家へと宣言 2022年を目標
市民運動、緑の党、教育、メディアなどがダイナミックに機能した
忍耐強く、専門知識を得て、孤立しないようネットワークを結ぶこと

さて当事国の日本は、なぜドイツのように決断できないのか? ...で番組は結んでいる
[PR]
by silverfountain | 2012-05-06 10:42