タグ:阿賀に生きる ( 2 ) タグの人気記事

『水俣条約』締結 - 拡がる水銀汚染の危険性

時論公論 「"水俣条約"今後の課題は?」 

                      2013年10月11日 (金)菊地 夏也 解説委員

「世界水銀アセスメント」の内容

▽水銀は様々な排出源から環境に出され、分解されず、全世界を循環する。
▽食物連鎖で生物の体内に蓄積していく。
▽ヒトへの毒性が強く、特に胎児、新生児、子どもの神経系に有害などです。

このように水銀は分解されず、地球上を循環し、排出された時点では濃度が低くても食物連鎖の過程で生物の体内で次第に濃縮されていくことが問題です。

水銀汚染の危険性は限定された国や地域の問題ではなく、国際的に協力して排出の削減と被害を根絶することが重要だと考えられ、国際条約が作られることになりました。
 
また水銀の危険性が分かっていても規制が進まなかったのは水銀が常温では液体の金属で電気の伝導性が良く様々な用途で使われているからです。

2005年の世界の水銀の利用状況によると、 全体の利用量は3798トン。
最も多いのは化学工場での触媒などでの利用です。
次はアジアや南米の小規模な金鉱山で金との化合物を作り、金を集めるための利用。

さらに、電池、歯に詰める合金、体温計や血圧計などの計測機器、電気機器、蛍光灯などの照明です。

「水俣条約」は、このように国際的に広く使われている水銀を規制するため、水銀汚染の広がりを食い止めるための一定の効果はあると思います。

しかし、実際に規制するとなると、これまで広く使用され流通していただけに新たな課題も出てきます。





NHK解説員室 解説アーカイブス で続きが読めます。



*******

新潟水俣病とされる阿賀野川有機水銀中毒に苛まれる地域住民の生活を描いた
『阿賀に生きる』は、このブログでも紹介しました。

私たちは、何ができるのか、一人ひとりの生活を振り返るところから始めましょう。
[PR]
by silverfountain | 2013-11-09 18:32 | <原子力発電>を問う

『 阿賀に生きる 』 - 20年前のドキュメンタリー映画リバイバル   上映 in 下高井戸シネマ

d0231842_1621321.jpg
告発映画なのかと思いきや、見終えたあと、とても穏やかでやさしい気持ちになれる、ほんわかした、しかし、川と大地と田んぼと畑と、鮭と酒と、とともに生きる素敵な人びとをしっかりと丁寧に描いた映画でした。羅患は明らかなのに、水俣病患者に認定されない老いた村人たち。淡々と笑いながら、厳しい自然と共存しながら、そこに生きている人間が描かれていました。告発したいことが濃いからこそ、声高には抗わず、淡々と自然な形で理不尽な悪に抗していました。

自然への畏敬と、その恵みに対する感謝、その逆の脅威も全て熟知している、自然とともに自分の力で生きている自信・・・それら全てが美しく描かれている映画でした。

福島3.11を経験した後、製作から20年経った今観るからこその意味を感じます。


この映画は撮影隊が村人と寝起きを共にし、稲作も手伝ったりしながら製作に3年を要し、1992年に公開。各種の国際映画祭で賞も受賞。故大島渚監督が10年位前に選んだ世界の映画ベスト150 にも入っていました。(勝手な憶測ですが、『ナージャの村』(1996年)の本橋成一監督、『ミツバチの羽音と地球の回転』(2010年)の鎌仲ひとみ監督もこの映画を踏襲しているような気がしました。)

私のイギリス在住の友人で、シュタイナー系の病院でアートセラピストをしている間美栄子さんが、当時この映画の製作(会計)に参加しています。

だから言うのではありませんが、第一次産業が壊滅し、TPPで日本がさらに手をつけられないほどのぐちゃぐちゃな国土になる前に、是非これを観て、今後の生き方を模索してほしい一本でした。

私の実家も農家で、佐渡の現実も思い起こしました。

驚くほど、くだんの水俣病とその抗争が描かれている部分は少ないです。ほんの数パーセント。品がいいほどに遠慮がちなところが却って哀しかったりします。



下高井戸では、5月3日(金)までやっています。その後もまた機会があったら是非観てください☆
下高井戸シネマHP

『阿賀に生きる』公式ページ



[PR]
by silverfountain | 2013-04-29 16:57 | 再生・サステイナビリティ