地方の友人(シュタイナー仲間)からのメッセージ 

2011年3月18日


静かなかにも緊迫した雰囲気を感じるようになってきました。

今、キリスト者共同体の司祭のシュレーダーさんの書いた
「クリスマスの秘密」という本を読んでいます。(季節外れ・・)
その中で、はっとした文章があったので、お伝えしたいと思いました。
厳しい現状のなかでの、真・善・美に関われたらと思います。

地球の決意という章で、
地球は土星期、月期・・といった独自の成長をたどるとされていますけれど、
こんなことが書かれていました。


「今の地球になるまえに、自分の運命を歩き始める前に、
地球の未来の姿を土星紀の時代にみぬいて、そしてそれを認識した上で、
人間と共に歩む決心とともに地球の進化を始めたのです。
わたしたちが生まれる前の決意を思い出すことができるように、地球も思い出して
いるのです。・・・・・・・

・・・・地球はこの偉大な決意、どんなことがあっても人類と歩みを共にする
という決意をおもいだすのです。・・・地球が多様な要因で難しくなることは
分かっていました。けれども、人類のために、どんなことがあってもそれに堪え、
担っていこうと決心したのです。」




わたしもどんなことがあっても、地球と全ての私達とともに、
生きていけるだけ、生きていきたいとおもいました。

そして、この地球は
キリスト存在によって貫かれた、霊的な存在でもあります。
私には分からないけれど、絶えずその内部から輝き、「キリストが人類と地球に
新しい生命を注いでいる」ことを信じたい。信じることを選択したいと思いました。

わたしもどんなことがあっても、地球と全ての私達とともに、
生きていけるだけ、生きていきたいと思いました。

わたしの心に触れたので、share できたらと思いました。
地方の私にできることがあれば、どうぞご一報くださいますように・・。


Love, xxx
[PR]
by silverfountain | 2011-03-22 08:40 | シュタイナー関連のアプローチ
<< ホメオパシーの立場 及び 含硫... アントロポゾフィー・フォーラム... >>